養蜂家が BLE113 で IoT デバイスを市場に導入

PDF

顧客のニーズ

  • 低消費電力
  • Bluetooth® 接続性
  • 事前認定済みコンポーネント

結果

  • 製品化までの時間を短縮
  • シンプルなユーザー・インターフェイス
  • データがクラウドへ

BroodMinder:養蜂業向けのスマートで低価格のテレメトリ

事例:

地球のエコシステムにおいてミツバチが果たす重要な役割に関して意識が高まるにつれて、裏庭養蜂家になる消費者が増えています。リッチ・モリスは、この拡大を遂げるコミュニティをサポートするために、冬場にミツバチの巣箱の不足や混雑状態を回避できるよう、小さくて頑丈な低価格の温湿テレメトリ・システムを作りました。この装置は、愛好家が毎日使用できるようにごくシンプルに作られています。

 

ソリューション:

電気工学と製品設計の分野で 35 年を超える経験を持つモリス氏は、設計戦略を明確に理解していました。モリス氏は、ユーザーに提供するシンプルさと、部品表と製品化までの時間に与える影響を考慮した結果、Silicon Labs BLE113 Bluetooth スマート・モジュールを選びました。数か月後、モリス氏は BroodMinder Model 42 を発売しました。これは、養蜂家に行動につながるデータを低コストで提供する装置です。

Bluegiga technology stack ("Silicon Labs" の前身) は、あらかじめ認定を受けており、信頼性が高かったので、スタートアップを成功させることに集中することができました。
リッチ・モリス|BroodMinder 設立者兼リード・ドローン

メリット:

モリス氏は、事前認定済みの技術の積み重ねを利用したことで、開発とデバッグに費やす時間を短縮することができ、スタートアップ企業の始動と新製品発表に集中することができました。BroodMinder Model 42 は、Bluetooth を介してスマート・デバイスと接続します。そのため、ユーザーはすぐにデータを巣箱から取得して、そのデータをクラウドに公開することができます。これにより、巣箱診断の公開データベースが作成されます。これは、養蜂家がミツバチ集団の健康状態を追跡、維持、改善するのに役立ちます。

 

Bluetooth 低エネルギーの基礎:

  • 超低消費電力:コイン型電池 1 個で 1 年以上にもわたって稼働可能
  • 柔軟性:スマートフォン、タブレット、PC などの大半の消費者向けモバイル・デバイスと接続
  • 主要プラットフォームによりサポート:iOS、Android™ 4.3、Windows®8、 OSX®、および Linux®
  • 高信頼性と堅牢性:AFH、再送信方式、および 24 ビット CRC
  • セキュリティ保護:ペアリング、プライバシー、MITM 保護、および AES-128
クローズ
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software