超低ジッター・クロッキングにより 10G のイーサネット・パフォーマンスを実現

PDF

顧客のニーズ

  • 厳密なジッター要件、多くのクロック・ドメインと周波数

結果

  • 主要なジッター仕様に対して最適化されたシステム性能 80% のマージン

小規模スペースで多機能の Silicon Labs クロック・ジェネレータ

 

事例:

市場をリードする企業向けスイッチ・メーカーでは企業用スイッチの設計で GbE から 10GbE への移行を必要としていました。

 

ソリューション:

10GbE には GbE よりも厳格なジッター要件があり、このメーカーでは超低ジッター Si5341 クロック・ジェネレータで設計を行いました。 このデバイスは 1 台ですべての PHY、スイッチ、CPU クロックを提供して設計を簡略化し、システム・レベルのジッター仕様に対して 80% のマージンを生み出します。

 

メリット:

Silicon Labs の特許取得済み技術により、どのような組み合わせのクロックでも単一クロック・ジェネレータで合成できるため、大部分の用途で単一チップのクロック・ツリーを実現できるようになりました。 業界をリードする 100 fs RMS のジッター性能により、最初のパス設計が確実に成功し、高速データ通信システムのエラー率を最小限に抑えられるようになりました。

タイミングの基本:

  • クロック・ツリー:システム内でクロック信号の生成、配信、同期を行うクロック・ジェネレータ、発振器、バッファなどのデバイスを組み合わせたものです。
  • ジッター:クロック信号を理想値と比較したときのタイミング差違です。
  • ジッター・マージン(別名、ジッター・バジェット):ジッター・マージンとは、実際のシステム・ジッターと特定のデータ速度をサポートする許容範囲内のジッターの差違です。
クローズ
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software