ウェビナー

IoTが病院を運用に対応した施設に変える方法

ウェビナー

IoTが病院を運用に対応した施設に変える方法

ウェビナーの概要:

ヘルスケアの最前線では、欠陥のあるワークフローは決して許されません。IoT 接続により、病院の管理者は、これまで管理できなかったプロセスを合理化し、人の介入を最小限に抑えながら、精通した意思決定を行うことができます。

リアルタイム位置情報システム(RTLS)、Bluetooth Low Energy、到着角(AoA)などの病院の IoT 技術により、資産、患者、スタッフ、環境状態をリアルタイムで追跡できます。この追跡からの実行可能なデータにより、運用上の認識と洞察が向上します。Silicon Labs と Borda Technology が、以下に示す病院環境での IoT ワイヤレス接続のメリットについて説明します。

主なメリット:

  • 資産係数業務の月数を 1 日に短縮します。
  • 重要かつ利用可能な資産の使用を追跡して、最大限に活用します。
  • エンド・ツー・エンドの患者体験を追跡することで、待機時間を短縮し、手術室の利用率を高めます。
  • スタッフのワークフローを再設計することで、応答時間を最小限に抑えます。
  • 患者のケア、経験、安全性を最大化します。
ウェビナー

IoTが病院を運用に対応した施設に変える方法

ウェビナーの概要:

ヘルスケアの最前線では、欠陥のあるワークフローは決して許されません。IoT 接続により、病院の管理者は、これまで管理できなかったプロセスを合理化し、人の介入を最小限に抑えながら、精通した意思決定を行うことができます。

リアルタイム位置情報システム(RTLS)、Bluetooth Low Energy、到着角(AoA)などの病院の IoT 技術により、資産、患者、スタッフ、環境状態をリアルタイムで追跡できます。この追跡からの実行可能なデータにより、運用上の認識と洞察が向上します。Silicon Labs と Borda Technology が、以下に示す病院環境での IoT ワイヤレス接続のメリットについて説明します。

主なメリット:

  • 資産係数業務の月数を 1 日に短縮します。
  • 重要かつ利用可能な資産の使用を追跡して、最大限に活用します。
  • エンド・ツー・エンドの患者体験を追跡することで、待機時間を短縮し、手術室の利用率を高めます。
  • スタッフのワークフローを再設計することで、応答時間を最小限に抑えます。
  • 患者のケア、経験、安全性を最大化します。

講演者

Burak Bardak 博士
Borda Technology、CTO

Owen Troy
シニア・セグメント・マーケティング・マネージャー - 産業・商業
Silicon Labs

時間

45 分間のプレゼンテーションと 15 分間の Q&A

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software