産業用および商業用

産業用 IoT

産業用 IoT の課題と断片化に対応する、高性能で柔軟な接続ソリューションをご覧ください。

グローバルな競争が激化する産業界では、新たなビジネスチャンスの獲得と、持続可能な事業の確保のバランスが常に求められます。モノのインターネット(IoT)を活用することで、生産と効率を向上させる分野やプロセスを理解し、改善し、ダウンタイムが発生する前にプロセスの障害を予測することが可能になります。コネクテッドテクノロジーを活用する企業は、第4次産業革命/産業 4.0で繁栄するでしょう。

産業の成長 4.0 - 産業用 IoT

HVAC

スマート HVAC 制御は、2018 年から 2024 年にかけて19%の CAGR(年平均成長率)で成長し、最終的な価値は 250 億米ドルになると予想されています。

サブメーター

電動サブメーター市場は、2030 年末までに 77 億米ドルの金額規模を超えると予測されています。

HMI

HMI 市場は、産業および製造プラントの成長を主因に、2025 年までに 56 億米ドルに達すると予想されています。

アクセス制御

世界のアクセス制御市場規模は、2027 年までに 156 億米ドルに達すると予想されています。

商業用照明

商用コネクテッド照明システムのグローバル収益は、2029年までに17.9% の CAGR で成長すると予想されています。

工場管理

2021年~2025年 の世界の産業用ワイヤレスオートメーション市場は、5% 以上の CAGR で成長すると予想されています。

資産トラッキング

資産追跡市場は、2020 年に 171億 4,000 万米ドルと評価され、2026 年までに13.45% の CAGR で成長すると予想されています。

予知保全

世界の予知保全市場は、2020 年の 40 億米ドルから 2025 年までに 123 億米ドルに成長すると予想されています。

産業用 IoT アプリケーションの要件

信頼性

稼働時間とスループットは産業用オートメーションの王者であり、これを脅かすものはすべて精査されます。接続されたソリューションが接続しているプロセスに全体的にプラスの影響を与えるには、非常に高い稼働時間を確保するか、トレードオフに見合う別の重要な問題を解決する必要があります。信頼性が高く堅牢な接続を実現するには、接続されたソリューション全体を、高ノイズ環境や最悪のシナリオに合わせて調整する必要があります。 これを行うには、ハードウェアが強力であり、ネットワークを実行するソフトウェアが、マシンの起動による中断や操作中の更新を処理するのに十分な堅牢性を備えている必要があります。

メンテナンス

産業プロセスは騒がしく、振動や大きな動く物体でいっぱいになる可能性があり、そこにある機械とそれにサービスを提供する人々の両方に問題を引き起こします。障害は予測不可能であり、診断は適時に実行されるため、産業プロセスの保守は困難になる可能性があります。稼働時間を増やすために、ユーザーは手動診断プロセスをワイヤレスプロセスに置き換え、リモート監視プロセスを実装しています。これにより、工場内で必要な人員が減り、クラウドサービスに接続してプロセスを改善し、データを保存できるようになります。 また、運用プロファイルの変更を検知および検出することでマシンの障害を予測し、ユーザーが問題がはるかに大きな問題になる前に先制して修正できるようにすることもできます。

セキュリティ

展開されているコネクテッドネットワークは、多くの場合、財政的に価値があるか、政府の機能にとって重要であるかにかかわらず、極めて価値のあるものを制御しています。このため、悪意のあるエンティティが接続されたプロセスを攻撃するインセンティブが生まれます。ランサムウェアや業界への攻撃がビジネスを停止させ、非常にコストがかかるという話をますます耳にしているようです。これを防ぐには、セキュリティを最前線に置く必要があります。各エンドデバイスは安全に製造され、既知の攻撃からの最新の保護を含み、将来の攻撃から保護するために更新する機能を備えている必要があります。 一度の侵害で、業界の信頼と収益を失うのに十分です。

スケーラビリティ

工場や製造工場は静的ではなく、新製品、新しいプロセス、新しいテクノロジーに適応する必要があります。IoTとすべてのノードを適応させるには、基盤となるソリューションがスケーラブルである必要があります。ノードの数は容易に増加でき、必要に応じてデータを増加する必要があります。 展開中のネットワークが価値以上の頭痛の種にならないようにするには、柔軟性、流動性、拡張性を確保する必要があります。 これにより、接続されたデバイスを最大限に長期間使用できるようになります。

IoT 製品ライフサイクルの課題に対応する方法

競争の激しいスマートホーム市場で成功するには、単に製品を開発して市場に投入するだけでは不十分です。絶えず進化するソフトウェア、セキュリティ、ワイヤレスエコシステムでは、毎日欠かさずユーザーの要件を満たしつつ、設計から廃止までの IoT 製品のライフサイクル全体を管理する方法を検討する必要があります

産業用 IoT 向けソリューションの詳細を見る

リソース

Bluetooth Low Energy(BLE)技術のビーコンを開発する

スマート・メータリングの設計の課題に対応する

Bluetooth 5 でビーコンをスーパーチャージする

802.15.4 メッシュ、Bluetooth、マルチプロトコル接続でスマート照明を強化

産業オートメーションのためのワイヤレス・ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)のメリット

IoT エネルギー管理の実世界への影響

Bluetooth を使用した産業用デバイスの HMI 変革

スマート・ビル:未来のワイヤレス・インフラの構築

スマート・ビルディング開発のための重要な検討事項

次世代型 IoT サイバー攻撃への備え

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software