スマート産業

スマートリテール

電子棚ラベルのようなリテール業界のデジタル変革を通じて、店舗で消費者と繋がる

次回ウェビナー

What’s Next in Smart Retail Technology?

In this webinar, retail technology experts discuss the retail landscape, the value of unique retail technologies, and how to move omnichannel strategy forward.

概要

リテール業界のデジタル変革を通じて、店舗で消費者と繋がる  

小売サービスのプロバイダーは、消費者体験を念頭におき製品を設計し、既存の小売インフラに補完的なサービスを組み合わせる必要があります。TimeTrade 2019 によると、87% の小売業者がチャネル全域でシームレスな顧客体験を実現することは、自社としてのオムニチャネル戦略の最も重要な業務目標です。オムニチャネルは、消費者データの収集、消費者のロイヤリティの推進、顧客保持の改善するための小売業者や消費者のブランド能力を定義しています。すべてのチャネルにわたってシームレスな顧客体験を実現するために、小売りインフラストラクチャは、チャネル全体で一貫した価格設定、パーソナライズされたオファー/通信、またはチャネル間の在庫の可視性を提供するための接続環境が求められます。

小売業者はこれらのビジネスプロセスを最適化するための戦略を策定し、技術に投資しますが、1 つの目的は、自動化された反復的なプロセスから解放されたブランドの専門家として、店員をサポートし教育することです。例えば、価格管理または製品の検索により、あらゆる機会とタッチポイントで顧客との接続に時間を費やすことができます。

設計に関する考慮事項

電子棚ラベル(ESL)でスマート棚を作成する 

電子棚ラベルは、価格設定の誤りを減らすための基本であり、消費者や店員に価格の可視性を提供します。ワイヤレス技術の統合。例えば、独自のワイヤレス、Bluetooth、または NFC は、ESL 管理システムを強化し、顧客満足度を促進するプロモーション機能を備えています。Silicon Labs のワイヤレス Gecko シリーズ 2 プラットフォームに基づいて、EFR32FG22 SoC は業界最先端のセキュリティ機能が組み合わせ、2.4 GHz ワイヤレス性能、エネルギー効率、ソフトウエアツールおよびスタックを提供し、新世代の ESL と価格自動化製品を可能にします。

電子棚札管理システムには、双方向型の応答システム、長期電池寿命、屋内マッピング、ナビゲーションシステムが必要です。ESL は次の 3 つの主要部分から構成されています。

  1. 電子ペーパーディスプレイ
  2. バッテリ
  3. 遠隔でフレキシブルかつスケーラブルな価格管理のためのワイヤレス MCU

電子棚ラベルが初めて設置されて以来、業界のリーダーは産業通信基準にもとづき 400Mu ESL 以上の価格管理システムを、周辺機器ソリューションと統合して導入してきました。小売業者たちは、既存のインフラストラクチャに対する互換性を求め、これには新しい実装が既に設置されているベースに適合することが必要です。当社の無線コンフィギュレータは、すべての独自のワイヤレス無線エンジニアが、製品の無線性能を構成し最適化するために使用する重要な機能です。これには、世界で最も一般的な地域の PHY 設定が事前に定義されており、既存の既に定義された構成を更新、変更し、より良い独自のアプリケーションにフィットするためのカスタム PHY 設定をおこなうことが可能になります。変更可能な一部の設定には、周波数バンド、チャネルスペーシング、変調タイプ、ビットレート、シンボルマップ、タイミング検出などがあります。無線コンフィギュレータの利点は、「人間が読める」グラフィカル・ユーザ・インターフェイスを提供することで、コンパイル時に無線構成を変更し、複雑な低レベルレジスタを学習する必要がなく、顧客固有の設計に対して最適なPHY設定を生成できるため、製品化までの時間を短縮できます。

電池寿命は、電子棚ラベルアプリケーションでは重要な課題です。ワイヤレスMCUへの要件は、より良いRF範囲のために高感度を提供しながら、業界最高の消費電力を達成するために技術革新を推進します。ESL のユースケースでは、店員がそのスポットの価格を修正しなければならない場合に、リアルタイムのコミュニケーションが必要となります。当社の RFSENSE 機能は、電池寿命を延長し、自律型 RF システムのウェイクアップを可能にします。RFSENSE は EM4(< 140 nA)まですべて EFR32 エネルギーモードで動作し、RF 信号のスペクトラムを継続的に監視し、必要な場合にのみ無線トランシーバーが有効になるため、全体的なエネルギー消費量が削減されます。

EFR32FG22 を使い、RFSENSE 機能を顧客が設定可能な On-Off キー入力パケットで最適化し、干渉者からのエラー検出を防ぎ、特定デバイスの選択的なウェイクアップを可能にします。

ブロック図
適切な製品を見つける


独自規格

EFR322.4 GH および 169 MHz 独自規格ワイヤレス・スターター・キット(SLWSTK6065B)

詳細

Zigbee、Thread、Bluetooth、マルチプロトコル

EFR32xG22 Wireless Gecko スターター・キット(SLWSTK6021A)

詳細
リソース

Flex ソフトウエア開発キット(SDK)

Radio Abstraction Interface Layer (RAIL)

Connect ネットワーキング・スタック

小売業のテクノロジー・リーダーによる、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響やテクノロジーがどのようにスマート・リテールの未来を推進するかについてのパネルディスカッション。

Silicon Lab の Bluetooth Low Energy(LE)および メッシュ・ソフトウエア

概要
設計上の考慮事項
ブロック・ダイアグラム
適切な製品を見つける
リソース
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software