SLSTK2021A

MSRP$29.99

EFM8BB2 高性能 50 MHz 8 ビット MCU スターターキット

Silicon Labs の EFM8BB2 スターター・キットは、汎用向け高性能、 50 MHz EFM8BB2 MCU上での超低消費電力アプリケーションの評価・開発の良い出発点となります。SLSTK2021A スターター・キットを使用して、EFM8BB2 のデバイス・セットを評価できます。本キットでは、エネルギー・プロファイラ・ツールと併用可能な高度エネルギー・モニタ (AEM) を利用して、リアルタイムの電流・電圧のモニタリングができます。

本キットには、このファミリの中で最も能力の高い MCU、EFM8BB22F16G-A-QFN28 が含まれており、このファミリ内では最大 50 MHz で動作します。EFM8BB22F16G-A-QFN28 MCU には、16 kB のフラッシュと 2304 B の RAM が含まれています。

MSRP$29.99

 

EFM8BB2 スターター・キットに含まれるもの:

  • 統合デバッガ
  • LCD ディスプレイ
  • ジョイスティック
  • プッシュボタン
  • 三色 LED
  • 拡張ヘッダ
  • 1 ミニ USB ケーブル

ステップ1:Simplicity Studio のダウンロードとインストール

事前コンパイル型デモ、アプリケーション・ノート、およびサンプルにより、素早く立ち上げを実行します。エネルギー・プロファイリングを含む高度なツールを使用して、MCU アプリケーションを最適化します。ソフトウェア・パッケージを下から選択してください。

フル機能タイプの Simplicity Studio(Silicon Labs から他技術を使用する場合にこれを選択します)

スタンドアロン 8 ビット MCU Simplicity Studio(Silicon Labs から 8 ビット MCU を使用する場合にのみこれを選択すること)

ステップ 2:デモを実行する

デモは、コードのコンパイルやデバッグを行わずにデバイスを評価する迅速かつ簡単な方法です。

以下の簡単なステップに従ってください。

1. USB でキットを差し込みます。DBG とラベルされたポートを使用します。

2. Simplicity Studio を開きます

3. デモを選択します(スクリーンショットを参照)

ステータス
拡張ボード 列を選択
列を選択
拡張ボード 説明
SLEXP8022C WF200 Wi-Fi 拡張キット + Raspberry Pi には、Linux 開発をすぐに始めることができる、内蔵 Raspberry Pi コネクタと Silicon Labs の MCU とワイヤレス MCU の開発を可能にする EXP コネクタが含まれています。

A -> Z で並べ替え
Z -> A で並べ替え

値別にフィルタ…

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software