EM35x-DEV-IAR

MSRP$3359.00

EM35x Zigbee 開発キット(フル IAR ライセンス)

Silicon Labs の EM35x メッシュネットワーキング開発キットは、Zigbee および Thread プロトコル・ベースのメッシュネットワーク・システムのプロトタイピングおよび開発用に設計されています。ARM の IAR Embedded Workbench 用の、完全なスタンドアロン型 Cortex®-M3 ライセンスを含みます。

MSRP$3359.00

 

ハードウェア

  • (3) EM3588 ラジオ・コントロール・モジュール基板
  • (3) EM35x ブレークアウト基板
  • (3) EM35x デバッグ・アダプタ(ISA3)
  • EM35x モジュール・バラエティ・パック(6 モジュール付き1ボックス)
  • 無線周波数ケーブル
  • (3) パケット・トレース・ポート・ケーブル
  • (3) データ・エミュレーション・インターフェイス・ケーブル
  • (3) 電源およびバッテリ・パック
  • 4xパワー・オーバー・イーサネット(PoE)ポート付き8ポート・スイッチ

ソフトウェア

  • Ember デスクトップおよび Ember AppBuilder
  • IAR Embedded Workbench

ステップ1:Simplicity Studio のダウンロードとインストール

事前コンパイル型デモ、アプリケーション・ノート、およびサンプルにより、素早く立ち上げを実行します。エネルギー・プロファイリングを含む高度なツールを使用して、MCU アプリケーションを最適化します。ソフトウェア・パッケージを下から選択してください。

ステップ2:キットを差し込み、Simplicity Studio を使って Zigbee SDK をインストールする

キットを接続した後、Simplicity Studioを起動して、左上隅(メニューバー下の緑色の下↓)でパッケージ・マネージャーを開きます。目的のスタックを選択し、ダウンロードします。パッケージ・マネージャーに定期的にアクセスして、更新の有無をチェックしてください。

ステップ3:クイック・スタート・ガイドを読む

クイック・スタート・ガイドをダウンロードして、開始方法の手順に従ってください。

ラジオ・モジュール部品番号 説明 対応プロトコル 今すぐ購入
EM3588-MLR-AN-C-K アンテナ付き EM3588 モジュール (出力 +20 dBm) Thread プロトコル     Zigbee プロトコル
EM3588-M-AN-C-K アンテナ付き EM3588 モジュール (出力 +8 dBm) Thread プロトコル     Zigbee プロトコル

ナレッジベース記事

特定の製品に関する情報については、ナレッジベースの記事を参照してください。

ナレッジベースを読む

ユーザ・フォーラム

技術的な質問の閲覧、アイデアの共有、最新ソリューションについてももっと学ぶ事ができます。

フォーラムの検索

まだヘルプが必要ですか?

テクニカルサポートに連絡するか、事案を確認してください。

サポートのリクエスト
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software