Si86xx 線形絶縁基準設計

Si86ISOLIN-KIT

Silicon Labs の ISOLinear 基準設計は、アナログ信号の絶縁を実装するために使用される高価な絶縁アンプの代わりに使用できる完全かつ高性能の代替を探している設計者を対象としています。この線形絶縁基準設計には、100 kHz(12 ビット分解能時)〜500 kHz(10 ビット時)の入力信号帯域幅をサポートするコスト/性能が最適化された 3 つの異なるアナログ・アイソレーション回路が含まれています。3 つの独立したそれぞれの基準回路は、アナログ入力信号を変調し、Si86xx デジタル・アイソレータを介して得られたデジタル信号を送信し、そしてアナログ入力信号を再構築するためにその結果の出力をフィルタリングします。主なアプリケーションには、センサー用の絶縁アンプ、グランド・ループの排除、レベルシフト、およびモータ制御などが含まれています。ISOlinear 基準設計の核となっているのは、150 Mbps Si86xx デジタル・アイソレータです。基板には3つの5 kVアイソレータの異型が取り込まれています。

  • (1) Si8630BD 5 kV 3チャンネル式アイソレータ
  • (2) Si8630ED 5 kV 3 チャンネル式アイソレータ

追加の資料

Si86xx 線形絶縁基準設計ユーザ・ガイド

続きを読む

AN614:アナログ絶縁アンプに対するシンプルな代案

続きを読む

閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software