ファイル・システム

FAT ファイル・システムは、幅広いストレージ・デバイスに対応しています。オプションのジャーナリング・コンポーネントはフェイルセーフ動作を提供します。

ファイル・システムの特徴

  • 相互運用性: 長いファイル名やUTF-8文字エンコーディングを含む、ユビキタスなFAT12/16/32ファイル・システムをサポート
  • 信頼性: ジャーナリング・モジュールで、停電中でもデータ完全性を確保
  • コンパクトなフットプリント: RAM の最小消費はわずか 1 kB
  • フラッシュ・メモリ・サポート: 高度に設定可能なフラッシュ変換レイヤ (FTL) を介した NOR および NAND フラッシュ・アクセスにより、ビルトインのウェア・レベリング機構を提供し、またソフトウェアとハードウェアの ECC (エラー訂正コード) 両方をサポート
  • 着脱可能メディアのサポート: 非同期挿入/取り外し通知のアプリケーション通知サポートと、実効性のないファイル・アクセスに対する保護を備えた、SD カードやマルチメディア・メモリ・カード (MMC)、MSC デバイスのドライバ
  • 性能: さまざまなファイル・システム運用を加速するキャッシュ・モジュール
  • 使いやすさ: 2 種類 (独自規格およびPOSIX) の API から選べる
  • カスタマイズ可能: スケーラブルなメモリ・フットプリント

ドライバに関する詳細はファイル・システム・ドライバ・ページをご覧ください。SPI ドライバについては、SPI ドライバ・ページをご覧ください。

ファイル・システム仕様

実装の特長

  • メモリ配分 (スタティック・モードとダイナミック・モードをサポート)
  • ファイル運用 (読み込み、書き込み、トランケート、名前の変更、コピー、クエリ)
  • POSIX 準拠
  • ファイル・バッファをサポート
  • サポートされているファイル・システム (FAT12/16/32)
  • 未加工ブロック・デバイス・インターフェイス
  • 一致 (先制ファイル読み込み運用; 異なるボリュームに対する先制ファイル書き込み運用)
  • フェイルセーフ (オプションのジャーナリング・モジュールあり)
  • ライトバック・キャッシュ (ジャーナリングと一緒に使用可能)
  • パーティション・サポート (DOS スタイルのパーティション)
  • ユニコード・サポート
  • ストレージ・メディア・技術サポート (NAND、NOR、SD (カードモード + SPI)、SCSI、RAM)
  • ベアメタル・サポート
  • シェル・サポート

メモリ・フットプリント

  • ROM 最小容量 (ブロック・デバイスのみ):7 kB (代表値):65 kB
  • RAM 最小容量 (ベアメタル、ファイル API および SD ドライバ):1 kB (代表値):5 kB)

メモリ・コントローラ・ドライバ

  • NAND
  • NOR シリアル・クワッド SPI
  • SD カード・モード

他の Micrium OS スタックにより提供

  • NOR SPI:SPI ドライバは Micrium OS IO モジュールにより提供
  • SD SPI:SPI ドライバは Micrium OS IO モジュールにより提供
  • SCSI:USB ホスト・ドライバは Micrium OS USB ホスト・スタックにより提供

ストレージ・デバイス・サポート

  •  NAND:Micrium のドライバは、パラレル・バス付き SLC および MLC メモリをターゲットとします。小ページ・デバイスと大ページ・デバイスの両方をサポート。ソフトウェア ECC (エラー訂正コード) は Hamming コードを用いたコードワード当たり1ビットの訂正で提供されます。ハードウェア ECC は、一部の Micron フラッシュ・メモリ・デバイスでサポートされています。
  • NOR:幅広い種類のシリアル (SPI とクワッド SPI の両方) およびパラレル NOR フラッシュ・デバイスをサポートしています。
  • SCSI:すべての MSC 対応 USB ドライブがサポートされています。
  • SD/MMC:SD、SDHC、SDXC カード、ならびに MMC カードと e-MMC チップもサポートされています。カード・モードと SPI 実装が利用可能。
お問い合わせ
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software