PID を請求

このガイドは、貴社の CP210x または Silicon Labs USB MCU 製品を完成させるためのステップ・バイ・ステップのプロセスを提供するものです。

正しく動作するためには、USB ホストに付属する各 USB デバイスにそれぞれ特有のベンダー ID(VID)、製品 ID(PID)、およびシリアル・ストリングの組み合わせが必要です。

ベンダー IDUSB.org から取得することができ、維持するには年間手数料が必要です。

製品 ID は VID を持つベンダーにより割り当てられ、管理されています。通常、製品 ID は単一の VID を持つ異なる製品を見分けるのに使います。ただし、これはベンダーの判断に任されます。もし Silicon Labs の USB デバイスが何かの製品に使用される場合、企業はその独自の VID もしくは Silicon Labs の VID のどちらでも使用することができます。Silicon Labs の VID を使用するためには、まずカスタム PID を Silicon Labs から直接発行されていなければなりません。無作為の PID を Silicon Labs の VID のもと使用すること、または他の企業に割り当てられている PID を使用することはできません。

製品ストリングとは、製品の記述に使用される文字列のことです。この文字列は USB 製品が PC に接続されるたびにデバイス・マネージャーに表示されます。

シリアル・ストリングは、同一の VID および PID を持つ複数の製品を見分けるのに使用します。CP2101、CP2102、CP2103 を除くすべての CP21xx デバイスは、デフォルト設定で、デバイス・ファミリごとに固有の 32ビットのシリアル番号が工場出荷時に事前にプログラミングされています。この番号は8文字の16進数列に変換されます。CP2101、CP2102、CP2103 は、リクエストに応じて、シリアル番号のプログラミングが可能です。また、すべてのデバイスのカスタム・シリアル化のリクエストにも応じております。

 

ステップ1:特有製品 ID (PID)をリクエスト

カスタム・ベンダー ID を請求(オプション)

Silicon Labs ベンダー ID と共に使用するカスタム製品 ID を請求(推奨)

 

 

ステップ2:ドライバのカスタマイズ

AN220 を使用してドライバをカスタマイズ: ドライバ・カスタマイズ・ウィザード

ソフトウェアで選択できる内容の詳細情報については、AN220 アプリケーション・ノートを参照してください。

 

 

ステップ3:USB MCU または CP210x ハードウェアのカスタマイズ

CP210x デバイスの場合、AN721 を使用: CP210x/CP211x カスタマイズ・ウィザード。AN721 ソフトウェアでカスタマイズできるフィールドの詳細情報については、AN721 アプリケーション・ノートを参照してください。

USB MCU デバイスの場合は、カスタム PID をハードウェア記述子に追加して、コードを再コンパイルします。

 

 

ステップ4:ドライバをテストおよびパッケージ

ご希望のオペレーティング・システムでドライバをテストします。

注:ドライバはカスタマイズ後に認証されていないため、AN220 ソフトウェアにより作成されたドライバをインストールする場合は、Windows 7 以降ではドライバ署名を無効にする必要があります。詳細情報: ドライバ署名の無効化。WHQL 認定更新後は、ドライバ署名を無効にする必要はありません。

一旦ドライバがテストされたら、製品に必要なすべてのソフトウェアをインストールするカスタム・インストーラに AN220 ソフトウェアで作成されたドライバ・インストーラ(DPInst)をラップすることを検討してください。これを行うには、DPInst インストーラを消音モードで配置することができます。詳細については、こちらをご覧ください: DPInst とは?

 

 

ステップ5:ドライバの再認証

このプロセスの詳細情報については、AN807 を参照してください。

 

 

ステップ6:事前カスタム・プログラミング依頼

Silicon Labs があらかじめカスタム VID/PID 番号をプログラムすること、および/または CP21xx USB デバイスを出荷前にシリアル化することをご希望の場合は、お近くの Silicon Labs 営業所または正規代理店までお問い合わせください。

閉じる
ロードの結果

    A -> Z で並べ替え
    Z -> A で並べ替え

    値別にフィルタ…

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software