Silicon Labs デバイスの生産プログラミング・オプション

インシステム・プログラミング

エンド・システムのデバイスをプログラミングするには、特定のピンがアクセス可能である必要があります。その場合に、ソフトウェア・ツールとハードウェアを使用して、デバイスがプログラム可能になります。

詳細情報

プログラム済みデバイス

すでにプログラム済みのデバイスを入手して、システムに設置します。これらのデバイスは、Silicon Labs、販売代理店、またはサードパーティから入手できます。

詳細情報

社内デバイス・プログラミング

デバイスを受け取ったら社内でプログラムする自社オプション。Silicon Labs のハードウェアとツール、またはサードパーティ・プログラマを使用します。

詳細情報

Silicon Labs デバイスの生産プログラミング・オプション

生産プログラム・オプションについての詳しいガイドについては、アプリケーション・ノート136を参照してください。

インシステム・プログラミング

インシステム・プログラミングでは、エンド・システムへの設置後、デバイスのプログラミングが必要になります。この方法では、デバイスをプログラムできるように、デバッグ・ピンを使用可能にします。ピンは、デバッグ・インターフェイスとデバイスにより異なります。

必要なピンおよび関連付けられている資料

C2 — C2CK、C2D、および GND:

ジョイント・テスト・アクション・グループ(JTAG)— TCK、TMS、TDI、TDO および GND:

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)— SWDIO および SWCLK:

正しいピンをルートしたら、デバイスをプログラムするために複数のツールが用意されています。

フラッシュ・プログラマ: ユーザがデバイスをバイナリ・ファイルまたは hex ファイルでフラッシュすることを可能にするツール。EFM8/32、C8051、EFR32、および EZR32 をサポートする Simplicity Studio 内で使用可能。

Simplicity Commander: スクリプト可能なコマンドラインが含まれており、ユーザがアプリケーションをフラッシュしたり、生産準備のできたバイナリを作成できるツールです。詳細については、UG162 Simplicity Commander リファレンスを参照してください。

フラッシュ・プログラミング・ユーティリティ: ユーザがコードをデバイスにダウンロードして、IDE を使用せずにその他のメモリ操作を実行できるGUIベースまたはコマンドライン C8051 プログラマ。こちらをご覧ください。詳細については、AN117 をご覧ください。

生産プログラマ: フラッシュ・プログラマおよび Simplicity Commander と似たスタンドアロン・ツールですが、多くのデバイスのラピッド生産プログラミング用のものです。詳細については、MCU ソフトウェアのページを参照してください。



プログラム済みデバイス

生産プログラミングには、デバイスをあらかじめプログラムしておくのが、最も簡単なオプションです。設計上の考慮事項が不要で、デバイスを最終システムに素早く設置することができです。しかし、適応性に最も欠けるため、頻繁に変更されるプログラムには適しません。このオプションでは、バイナリ・ファイルまたは hex ファイルを用意する必要があります。

Silicon Labs は、プログラム済みデバイスを提供しています。詳細については、お近くの販売担当者にお問合わせください。

多くの Silicon Labs 販売代理店およびその他の法人プログラム済みデバイスを提供しています。一覧は、コミュニティの表をご覧ください



社内プログラミング

このオプションは、初期化および設置されていないデバイスを社内でプログラムする必要があります。デバイスをプログラムするために、カスタムまたはサードパーティのハードウェアを使用します。

カスタム・ハードウェアの場合は、カスタム・プログラマの設計および作成に次のアプリケーション・ノートの情報を利用できます。

C2:

JTAG:

SWD:

多くのサードパーティ・プログラマが Silicon Labs 製品をサポートしています。速度、価格、一度にプログラムできるデバイスの数は、プログラマによって異なります。よく使用されるプログラマの一覧を見るには、コミュニティを訪問してください。

クローズ
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software