Si2169-D DVB-T2/S2X/S2/T/C/S デジタル・デモジュレータ 

Si2169-D は DVB-S、 DVB-S2 および DVB-S2X デジタル・デモジュレータを高度な単一 CMOS 技術によるミックスシグナル・ダイに統合し、地上、ケーブル、および衛星 TV の次世代規格に対応します。Silicon Labs の実績あるデジタル・デモジュレータ・アーキテクチャを用いて、Si2169-D はフロントエンド設計の複雑さ、コスト、および電力消費を最小限に抑えながら各メディアにおいて卓越した受信性能を実現します。Silicon Labs の新しい Si2177、Si2151、 Si2141 などの地上およびケーブル・ハイブリッド TV チューナーやデジタル専用チューナーに Si2169-D を接続することで、高性能でコスト最適化された TV フロントエンド・ソリューションを実現します。

シリコン・ラボラトリーズが自社開発した DVB-T2 デモジュレータは、標準 IF (36 MHz)または低 IF 入力を受け入れ可能で、 DVB-T2 規格が定めるすべてのモードに対応します。DVB-T2 モードの主な機能は、ローテート・コンスタレーション (rotated constellation)付き 256 QAM、SISO および MISO 対応、FEF 管理、自動 L1 信号構文解析を含めた完全自律性信号捕捉、600 kHz 捕捉範囲、全パイロット・パターンへの対応そして DVB-T/T2 自動検出です。これらの DVB-T および DVB-C デモジュレータは、幅広く使用され実績ある Si2161/63/65/67 Silicon Labs デバイスの拡張版です。

サテライト復調機能では、広範な DVB-S の復調、 DIRECTV™ (DSS)、 DVB-S2、および DIRECTV™ (AMC) レガシースタンダードが、新しい DVB-S2 (S2X) サテライト放送スタンダード Part II と同様に利用可能です。放送サービス、様々なコーディングと復調 (VCM)、 8、 16、 32 新しい ロールオフファクターである APSK 復調およびコードレートは、新 DVB-S2 復調器のメイン仕様です。ゼロ IF インターフェイスにより、実績ある衛星シリコン・チューナを製品化できるシームレスな接続が可能となります。それには、DiSEqC™ 2.0 LNB インターフェースも搭載されています。これは、サテライトアンテナコントロール/イコライザーで、LNB からサテライトチューナー RF 入力への長いケーブルフィードのエコーを調節します。

Si2169-D は、ブラインドロックサブセットモードと同様、 DVB-S2X/S2/S および DVB-C スタンダードのオンチップアルゴリズムブラインドスキャニングを提供します。DVB-T および DVB-C、 ITU-T J.83 AnnexB,復調器は、Silicon Labs のデジタルテレビ復調器 Si2164/67/69 系列の現場で証明されたテクノロジーを高めます。

 

機能

  • DVB-T2 および T2-Lite(ETSI EN 302 755-V1.3.1)
    • COFDM デモジュレータおよび FEC(LDPC + BCH)デコーダ
    • 帯域幅:1.7、5、6、7、または 8 MHz(および拡張 BW)
    • 最大 255 PLP および出力データ PLP に加えてコモン PLP をサポート(シングル TS)
    • L1 ポスト・シグナリングのスクランブルをサポート
    • 統合 NorDig 2.4 および D-Book 7 V3 適合
  • DVB-T (ETSI EN 300 744)
    • COFDM デモジュレータおよび拡張 FEC デコーダ
    • 統合 NorDig 2.4 および D-Book 7 V3 適合
  • DVB-C(ETSI EN 300 429)/ ITU J.83 アネックス A/C
    • QAM デモジュレータおよび FEC デコーダ
    • 1~7.2 M Symbol (秒)
    • C-Book 対応
  • DVB-S2 (ETSI EN 302 307-1)
    • QPSK/8PSK デモジュレータおよび FEC(LDPC)デコーダ
  • DVB-S2X (ETSI EN 302 307-2)
    • QPSK/8PSK、8/16/32APSK 復調器
    • 0.05 から 0.35 へのロールオフ・ファクター
  • DVB-S (ETSI EN 300 421) および DSS
    • QPSK デモジュレータおよび拡張 FEC デコーダ
  • すべてのサテライトスタンダードで 1 ~ 45 MSymbol/s(32APSK において <40 MSps)
  • DiSEqC™ 2.0 インターフェース、Unicable 対応
  • 同一チャンネル干渉に対する耐性強化
  • I2C のシリアル・バス・インターフェイス(マスターおよびホスト)
  • T/C チューナ用の独立した差動 IF 入力および衛星チューナ用差動 ZIF I/Q 入力
  • 衛星および T/C チューナー制御をする独立 AGC(最大 4)用 GPIO および多目的ポート
  • アップグレード能力のためのファームウェア制御
  • 直列または並列単一出力による柔軟な TS インターフェイス
  • すべてのメディアにおいて短いロック時間
  • 2電源のみ:1.2 および 3.3 V
  • すべての Si216x/8x シングル・デモジュレータ・ファミリで Pin-to-pin 互換性
  • すべてのシングル/デュアル・デモジュレータ・ファミリで API 互換性
  • 7 mm x 7 mm、QFN-48 ピン・パッケージ、Pb-free/RoHS 準拠

Si2169 製品マトリックス

デバイス
部品番号 データ・シート 説明
Si2169
デジタル・デモジュレータ
お問い合わせ
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software