Bluetooth メッシュ・ネットワーキング学習センター

メッシュ・ネットワーキングは、Bluetooth Low Energy (LE) デバイスで利用可能な、多対多 (m:m) の通信を可能にする新しいトポロジです。大規模なノードネットワークを作成するために最適化されており、オートメーション、センサー・ネットワーク、および資産管理ソリューションの構築に最適です。

Bluetooth メッシュオンラインセミナーの概要

Bluetooth メッシュ・ネットワークの機能と利点について説明します。

メッシュ・ネットワーキングで Bluetooth の機能を拡張する

Bluetooth LEは、従来、デバイス通信のためのブロードキャストベースおよび/またはポイントツーポイントのスター・ネットワーク・トポロジを活用してきました。デバイスとデバイスのペアリングと LE ビーコニングが主な使用例でした。メッシュ・ネットワーキングを追加することで、開発者は IoT の幅広いソリューションを提供できるようになりました。

スター・ネットワークとメッシュ・ネットワーク・トポロジ(Bluetoothデバイス用)

Bluetooth メッシュ・システムの主な利点

  • マルチホップ通信によるゲートウェイまたはモバイルクライアントからの接続範囲の拡張
  • メッシュ・トポロジによるネットワーク・スケーラビリティとノード数の増加
  • 標準に基づいた Bluetooth メッシュ・フルスタック・ソリューションとの相互運用性
  • 認証され、暗号化され、難読化されたデュアル・レイヤ・セキュリティと通信を備えた最先端のセキュリティを提供
  • メッシュ・ネットワーキングと Bluetooth ビーコンおよび電話接続を組み合わせ
  • マルチパス・メッセージ配信によるシステム信頼性の向上
  • ノード間通信で最適な応答性を実現

アプリケーション

ホーム/ビル・オートメーション

システムの信頼性を向上させます。

バッテリ寿命を最大限に延ばします。

デバイス間通信をサポートします。

ビーコン

ビーコン管理を簡素化します。

位置情報サービスを提供します。

ビーコンのサービス範囲を拡大します。

照明

スイッチに即座に応答します。

高度な照明制御を提供します。

追加機能を統合します。

資産トラッキング

手動スキャンを排除します。

リアルタイムで場所を特定します。

ビーコンの配置を簡素化します。



技術ハイライト

Bluetooth メッシュは LE を拡張し、4.0以上のバージョンでサポートされています。管理されたフラッド・メッセージング・フレームワークを利用してデバイス間で通信します。

ビデオ

Bluetooth メッシュ・スタック

Bluetooth メッシュ・スタックのアーキテクチャと実装オプションを確認します。



ビデオ

メッセージングとノードの種類

さまざまなBluetoothメッシュ・ノードが互いに通信する方法をご覧ください。



ビデオ

動作中の Bluetooth メッシュ

Bluetooth メッシュ技術とモバイル・アプリケーションが実際に使われる様子をご覧ください。



Bluetooth メッシュ開発スタート・ガイド

閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software