Zigbee® 用 EM35x システム・オンチップ(SoC)/ネットワーク・コプロセッサ(NCP)

Zigbee 用 EM35x チップは業界をリードする Zigbee の ARM® Cortex®-M3 ベース SoC ファミリで、コンパクトなパッケージで比類のない性能、低消費電力、コード密度を提供します。EM35x ファミリは、32 ビット・マイクロプロセッサ、フラッシュ・メモリ、RAM を備えた 2.4 GHz IEEE 802.15.4 ラジオ・トランシーバとハードウェアで強力にサポートされているネットワークレベル・デバッグ機能を組み合わせた製品です。ARM ツールの強力なエコシステムと組み合わされたこれらのデバイスおよびツールにより、OEM 開発を簡略化でき、製品化までの時間を短縮することができます。EM35x SoC は、Zigbee 準拠のメッシュ・ネットワーク・ソフトウェアであり市場で最もデプロイされている Zigbee プラットフォームの EmberZNet PRO と緊密に統合されています。

fmt=png-alpha

機能

  • 業界最先端の ARM Cortex-M3 をベースとした Zigbee SoC のファミリ
  • 卓越した RF 性能
  • 128kB および 192kB フラッシュの異型あり
  • 12 kB RAM
  • 最も洗練されたアプリケーションに対応する多彩なフラッシュ/RAM バリエーション
  • 最も低いディープ・スリープ電流および複数のスリープ・モード
  • 他の 2.4 GHz デバイスへの優れた耐久性で信頼性ある共存が可能
  • 内蔵メモリ保護機能
  • 柔軟性あるアンテナ・インターフェイスにより、P の有無に関わらず簡単にアンテナ接続が可能
  • 20,000 の書き込みサイクル保証フラッシュにより、SIM-EEPROM 経由でのトークン・ストレージ能力強化
  • 真の乱数ジェネレータを備えた AES 128 ハードウェア暗号化エンジン
  • パケット・トレース・ポートを備えたハードウェアでサポートされたネットワーク・レベル・デバッグ
  • Zigbee コーディネータ、ルータ、またはエンド・デバイスとして使用可能
  • マルチネットワーク機能が EmberZNet PRO によってサポート

EM35x Zigbee SoC のスタート・ガイド

EM35x メッシュ・ネットワーク開発キット

EM35x Zigbee SoC ファミリを用いて開発を始める最も簡単な方法は、EM35x メッシュ・ネットワーク開発キットを使用することです。

キットを見る

EM35x 製品マトリックス

共通仕様

RAM (kB): 12

最小周波数: 2400

最大周波数: 2500

データ・レート: 250

隣接チャンネル除去 (15.4): 35

第 2 隣接チャンネル除去: 46

+12/-13 MHz 802.11g 除去: 36

合計リンクバジェット: 110(ブースト)

ディープ・スリープ電流: 0.4(タイマなし)

RX 電流: 26.5

TX 電流: 31(+3 dBm で通常)

水晶周波数: 24

ステータス
デバイス
部品番号 データ・シート MCU コア フラッシュ RAM 周波数範囲 ディープ・スリープ電流 USB GPIO 第 2 隣接チャンネル除去 +12/-13 MHz 802.11g 除去 TX 電力 RX 電流 TX 電流 水晶周波数 温度範囲(ºC)
ARM Cortex-M3 128 12 2400 2500 0.4(タイマなし) なし 24 46 36 -55 8 26.5 31(+3 dBm で通常) 24 -40 85
EM357 (NRND)
ARM Cortex-M3 192 12 2400 2500 0.4(タイマなし) なし 24 46 36 -55 8 26.5 31(+3 dBm で通常) 24 -40 85
お問い合わせ
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software