Silicon LabsのEFR32 ワイヤレスGecko技術の特徴

Silicon Labsは、世界で最も広範なワイヤレス接続性ソリューションを提供します。低消費電力、機能豊富、セキュアなシステム・オン・チップデバイス(SoC)とこれに付随するソフトウェアは、照明、スマート・メータリング、住宅やビルのオートメーション、資産トラッキング、ポータブル医療/フィットネス機器などのIoTシステムの需要を満たすために理想的です。お客様が接続性を求めている対象が、単一のデバイス、工業団地、あるいは街全体だとしても、当社は、お客様のニーズを満たし、市場への投入をより迅速に行うためのワイヤレス・プロトコルをご用意しています。

低消費電力用に設計

今日の低消費電力アプリケーションを念頭において設計され、ARM® Cortex®-M coresを特徴とする、EFM32 32 ビット・マイクロコントローラ(MCU) および EFR32 ワイヤレス SoCを使用して、さらに少ない電力消費でより多くのことをこなしましょう。

16kB RAM保持とリアルタイム・クロック動作を使った、0.9 μA ディープ・スリープ・モードをはじめとする、複数のエネルギーモードを活用して電力消費を調節します。超高速起動時間とアナログ測定を実行し、CPUを周辺装置から周辺装置接続へとバイパスし、RF信号を検出するディープ・スリープ・モード機能で、実世界のイベントに迅速に対応します。



機能が豊富で高度統合型

高度に統合されたEFM32 32 ビット MCUEFR32 RF SOCとモジュールで、デザインを簡素化しコストを削減します。

ADC、DAC、タイマー、そして静電容量式タッチ、I²C、USB、イーサーネットにまたがる通信オプションを始めとする、高性能かつ低消費電力の統合型周辺機器の豊富なセレクションを活用します。統合型バラン、水晶を使わない500 スリープタイマー、マルチプロトコルサポートを特徴とするオンボード・ラジオで、デザインの複雑性と部品表(BOM)を削除します。世界最小のシステムインパッケージSiPモジュールなど、既に認定されたワイヤレスモジュールで迅速に製品化します。



セキュリティに対応したハードウエアとソフトウエア

端末ノードからクラウドまでシステムを保護し、無線によるアップデートでお客様の設計に適応させます。

AES、ECCおよびSHA向け高エネルギー効率の暗号アクセラレータ、セキュア・ブートローダ、真の乱数発生器(TRNG)、ソフトウェアを使った周辺機器へのアクセスにきめ細かな管理をおこなうためのセキュリティ管理ユニット(SMU)を始めとする、ハードウエアセキュリティ技術を利用します。Micrium OSでのデータ送信向けの、SSLとTLSネットワークセキュリティを活用します。Zentriデバイス管理サービスで、デバイスを安全に導入、管理、および更新します。



生産性デザインツール

アプリケーション設定、エネルギーのプロファイリング、高度なデバッグ、ネットワーク分析ツールでデザインを最適化します。

グラフィカルな周辺機器とワイヤレス設定ツールを使用して、自動コード生成をすばやく起動して実行します。機能の呼び出しとコードからエネルギー使用を相関させるビジュアル・エネルギー・プロファイリングで、アプリケーションの消費電力を最適化します。スニファを超える特許取得済みネットワーク解析ツールを活用して、ネットワーク上のノード間の通信を完全に可視化します。



堅牢なソフトウェア、SDK、OS

Micrium OS堅牢な SDKで、周辺装置のドライバーとワイヤレス通信プロトコルにまたがる開発を加速します。

EFM3232 ビットMCUEFR32 RF SoC向けの包括的な SDKを使用して、広範な周辺機器、USB、イーサネット接続性の使用と、独自規格と標準ベース両方のワイヤレス接続を組み込むことができます。Micrium OSのリアルタイム・カーネル、さらに利用可能な通信スタック、ファイルシステム、GUIソリューションを使用して、安全、信頼性、確実な動作をお届けします。



再利用と柔軟性を考慮したデザイン

お客様のニーズに合わせてメモリ、周辺装置、接続性を調節するピン互換性のあるオプションを使用してデザインの柔軟性を維持します。

最大 2 MB のフラッシュ、複数のトランシーバーオプションとRF出力パワーレベルを調節するピン互換性のあるデバイスと同じアーキテクチャに構築されたワイヤレス SOC 間で、ソフトウエアを再利用します。世界最小のシステムインパッケージSiPモジュールを含む、統合型アンテナ付きの認定モジュールを利用して、迅速に製品を設計および製品化し、そして後にビジネスの成長に合わせてSoC上でソフトウェアを再利用します。



マルチプロトコル接続

進化する市場ニーズに応えるべく、複数の地域へのサービス提供と現地アップグレードのサポートに対応したデザインを作成します。

マルチプロトコル・ソフトウエアとEFR32 ワイヤレス Gecko SoC を活用して、Bluetooth® 低消費電力技術(BLE)、Zigbee®、Thread、独自規格のワイヤレス接続性をサポートします。現場での複数のワイヤレス接続性プロトコル、または多数の異なる無線プロトコルのうち工場で1つに設定されるデバイスをお届けする製品をデザインします。同じ SoCまたはピンの互換性がある SoC を使用することで、市場アプローチにおける柔軟性をもたせます。セキュアな更新メカニズムにより、現地でデバイス機能を追加し、各市場ニーズに応えることも可能です。



クローズ
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software