スマート産業

電気サブメーター

IoT ワイヤレス用の電気サブメーター・アプリケーション

記事

スマート・ビルディング開発のための重要な検討事項

Omdia、Acuity Brands、Silicon Labs の業界の専門家が、スマート・ビルディング開発の将来についてご紹介します。

概要

電気サブメーター

電気サブメーターには多くのアプリケーションがあります。例えば、電気事業者は顧客の電気使用量をリモートで監視し、それに応じて請求したり、産業機器の個々の消費電力量を追跡することができます。ワイヤレス機能を追加することで、電気事業者や消費者にとっての利便性の向上、リアルタイムのデータ収集、異常検出、その他多くの有益な機能が可能になります。Silicon Labs では、当社のワイヤレス MCU デバイスを使った、ワイヤレス回路ブレーカーの開発をサポートし、低消費電力と高度なセキュリティ機能を備えた堅牢なソリューションを提供します。

設計上の考慮事項

電気サブメーターの要件

電気サブメータ・アプリケーションの設計では、複数の要件を考慮する必要があります。

設置面積は通常、設置済みの電気ブレーカーボックスに収まるよう、設置面積が制限されています。ワイヤレスサブメーターは、電流を測定するために電気ケーブルの周囲にフィットし、ボックス内に収まるように十分に小さく、システム外部のデバイスにデータを送信するためのMCU付きのワイヤレストランスミッタが含まれていなければなりません。

メッシュネットワーク・シリーズ 2 SoC は、スマート・サブメーター用のコンパクトなソリューションを提供します。電気、水道、ガス、および蒸気メーター用のインターフェイスを提供する 2 つのモジュールを以下に示します。

温度は、2 つの理由から重要な考慮事項です。まず、サブメーターは、高電流や高電圧環境の副産物として発生する高温に耐えることができなければなりません。第二に、サブメーターで使用されるコンポーネントの動作温度も考慮する必要があります。85°C以上の定格温度の部品は、電気サブメーターに含めるのに最適なオプションです。

低消費電力は必須要件です。電力消費量が大きいと、測定中の電流ラインに電気的干渉が発生し、不正確な測定につながる可能性があります。ワイヤレスコンポーネントの送信電力も、その地域の規制当局が課す RF 放出量の制限値を下回るように低く抑える必要があります。センサーの数が増えるにつれて、特定の地域ではこれらの放射は高くなるため、個々のデバイスの電力を低く抑えることが重要です。この点、ワイヤレスコンポーネントの認証も、選択したデバイスが規制や安全要件を満たしていることを確認するために有益です。

ゲートウェイおよびセンサー・ノードのネットワーク・スキーマ。低電力、設置面積などお客様の要件に応じて、お使いのアプリケーションが電気サブメーターに適したアプリケーションであることを確認します。

以下の質問は、お客様のアプリケーションが適切な候補かどうかを判断するのに役立ちます。

  • 複数のサブメーターが 1 つのデータ収集デバイスにレポートしていますか?
  • データはクラウドに送信する必要がありますか?
  • データはどのくらいの頻度で更新する必要がありますか?
適切な製品を見つける
リソース

IoT エネルギー管理の実世界への影響

スマート・ビル:未来のワイヤレス・インフラの構築

概要
設計上の考慮事項
適切な製品を見つける
リソース
閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software