車載クロック・ジェネレータ

当社の Si5332-AMクロック・ジェネレータは、広帯域 PLL と独自技術である MultiSynth 非整数シンセサイザとを結合し、任意周波数、任意出力の汎用性と高機能・高性能クロック・ジェネレータ・プラットフォームを提供します。高度な柔軟性を備えたこのデバイスは、サブ-200fs rms の位相ジッターを 0 ppm の誤差で提供すると同時に、8 つの差動クロック出力で、最大 333.33 MHz の幅広い整数および非整数関連周波数帯域を合成する能力を備えています。

このデバイスには、2 つの独立したスペクトラム拡散モジュレーション・ドメイン、インシステム・プログラミング用 I2C インターフェイス、また出力有効設定、周波数制御、入力オプション、またはスペクトラム拡散の有効設定として、構成開発中に割り当てることが可能なユーザ定義の入力ピンを備えています。これらのクロック出力のそれぞれが独自の形式を指定できるため、Si5332 を単一デバイスとして複数のオシレータ、バッファ、および/またはクロック・ジェネレータに代用でき、真の意味での「クロック・ツリー・オンチップ」が実現できます。

RMS 位相ジッタ
< 190 fs
温度範囲
–40 〜 +105°C

車載クロック・ジェネレータ 共通仕様

  • 車載グレード 2、-40 ~ +105 °C
  • AEC-Q100 認定
  • マルチ出力注文オプション:
    • QFN32 は 6 出力
    • QFN40 は 8 出力
  • 低消費電力
  • 任意の出力上で任意の周波数を実現する MultiSynth テクノロジー
  • I2C プログラム可能
  • 任意の形式、任意の出力:HCSL, LVDS, LVDMOS, LVPECL
  • SmartClock™ の健全性モニタリングと障害検出
  • 構成を簡素化する Clockbuilder Pro
  • ユーザ定義のハードウェア入力ピン
  • 低位相ジッター:< 190 fs

A -> Z で並べ替え
Z -> A で並べ替え

値別にフィルタ…

お問い合わせ
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software