Si538x ワイヤレスクロック・ジッター減衰、ジッター・クリーナー

Si538x ワイヤレス・クロック・ジェネレータは、当社の第 4 世代ワイヤレス DSPLL® 技術であり、フォームファクター、マクロセル、スモールセル、遠隔無線ヘッド(RRH)および分散アンテナ・システム(DAS)などの無線エリアネットワーク機器が要求する電力および性能要件に対処します。Si538x ジェネレータは比類ない統合性を備え、ワイヤレス・アプリケーションで求められる厳しい性能や信頼性は損なうことなく、電力とサイズを低減します。Si538x は個別の高性能 VCXO ベースのクロックを完全統合型 CMOS IC ソリューションに置き換えることができる、業界初のワイヤレス・クロック・ジェネレータです。Si538x デバイスは、100 fs 未満の典型的な位相ジッターを持つワイヤレス・クロックと低ジッター汎用クロックの両方を生成できます。

出力周波数帯域
最大3 GHz
位相ジッター(RMS)
72 fs

ワイヤレスジッター減衰器共通仕様

  • デジタル周波数シンセサイズが外部 VCXO およびアナログ・フィルタ・コンポーネントを排除
  • ジッター性能 <100fs RMS(標準)(12 kHz ~ 20 MHz)
  • 1、 2、 および 4 DSPLL オプション
  • 入力周波数帯域:
    • 差動:10 MHz ~ 750 MHz
    • LVCMOS:10 MHz ~ 250 MHz
  • 費用対効果の高いオシレータ
  • 選択可能なループ帯域幅
  • 状況モニタリング: LOL、LOS、OOF
  • SPI および I²C を介して回路内プログラムが可能
  • 出力周波数帯域:
    • ワイヤレス DSPLL:480 kHz ~ 2.94912 GHz
    • 任意レート DSPLL:1 kHz~712.5 MHz
ステータス
Find the Right Wireless Clock Jitter Attenuator 列を選択
列を選択
部品番号 カスタマイズ 入力周波数 出力形式 DSPLLs 入力数 位相ジッター(RMS) 4G/LTE ワイヤレス・クロック 最大出力周波数 説明 VDD (V) VDDO (V) パッケージ・タイプ パッケージ・サイズ(mm) 出力数
カスタマイズ 0.008 750 CML、HCSL、LVCMOS、LVDS、LVPECL 1 4 0.065 2949.12 超低位相ノイズ、 ワイヤレスジッター減衰クロック・マルチプライヤ 1.8、2.5、3.3 1.8、2.5、3.3 QFN64 9 x 9 12
カスタマイズ 0.008 750 CML、HCSL、LVCMOS、LVDS、LVPECL 4 4 0.065 2949.12 超低位相ノイズ、 デュアル PLL ワイヤレス・ジッター減衰クロック・マルチプライヤ 1.8、2.5、3.3 1.8、2.5、3.3 QFN64 9 x 9 12
カスタマイズ 0.008 750 CML、HCSL、LVCMOS、LVDS、LVPECL 2 4 0.065 2949.12 超低位相ノイズ、 マルチ PLL ワイヤレス・ジッター減衰クロック・マルチプライヤ 1.8、2.5、3.3 1.8、2.5、3.3 QFN64 9 x 9 12
カスタマイズ 0.008 750 CML、HCSL、LVCMOS、LVDS、LVPECL 1 4 0.065 2949.12 超低位相ノイズ、 ワイヤレスジッター減衰クロック・マルチプライヤ 1.8、2.5、3.3 1.8、2.5、3.3 QFN64 9 x 9 12

A -> Z で並べ替え
Z -> A で並べ替え

値別にフィルタ…

お問い合わせ
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software