Bluetooth 方向探知:到達角度(Angle Of Arrival: AoA)および発信角度(Angle of Departure: AoD)

Bluetooth 5.1 の仕様は、Bluetooth シグナルの方向を検知することができる方向探知機能を持つ位置情報サービスを強化します。Bluetooth 方向探知機能があれば、開発者はデバイスの位置を理解し、1メートル以下の精度で位置がわかる製品を市場に投入することができます。



Bluetooth 5.1 方向検知のアプリケーション

POI

近接マーケティング - Silicon Labs

近接マーケティング

アイテム検索

Bluetooth 項目の検索 - Silicon Labs

パーソナル施設タグ

リアルタイム位置測位(RTLS)

Bluetooth リアルタイム・ロケーティング - Silicon Labs

資産トラッキング

屋内測位

Bluetooth 屋内測位 - Silicon Labs

ウェイファインディング

Silicon Labs の方向探知ソリューション

  • 方向探知付き Bluetooth 5.1 スタック
  • Wireless Gecko EFR32BG22 SoC
  • Wireless Gecko EFR32BG22 モジュール
  • EFR32BG13 Bluetooth SoC
  • BGM13 モジュール
  • アンテナのリファレンスデザインおよび無線基板

到着角度と出発角度について理解する

Angle of Arrival(AoA)

到達角(AoA) - Silicon Labs
  • アセットが、(TX)自身の位置情報を、ワイヤレスアクセスポイント(AP)、コネクテッド照明、またはスマート照明として AoA ロケーターへと放映します。
  • ロケーターがそのシグナルの到着角度(AoA)を測定します。

Angle of Departure(AoD)

発射角(AoD) - Silicon Labs
  • ビーコンが、複数のアンテナを用いて座標のような AoD 情報を伝送します。
  • スマートフォンなどのモバイルデバイスが、ビーコンを受信して位置を計算します。

到達角の設計上の考慮事項

到達角の設計上の考慮事項 - Silicon Labs
  • 施設に必要なのはアンテナ1本のみで、低電力、そして追加の Bluetooth LE 機能を同時サポートします。
  • ロケーターには 3 x 3 または 4 x 4 アンテナアレイとスイッチが必要になります。
  • エッジゲートウェイが角度測定値を処理して、アセットの管理システムとクラウドで通信してデバイスの位置を特定します。


発射角の設計上の考慮事項

発射角の設計上の考慮事項 - Silicon Labs
  • ビーコンには 3 x 3 または 4 x 4 のアンテナアレイとスイッチが必要になります。
  • スマートフォンのようなモバイルデバイスは、AoD アルゴリズムをサポートしている必要があります。
  • ロケーション・サービス・システムがビーコン座標を知らせる必要があります。


リアルタイム測位のための Bluetooth による角度推定
ホワイトペーパー

本ホワイトペーパーでは、到着角と発射角度の基本と到着方向の推定理論について学習します。

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software