Bluetooth ビーコン学習センター

Bluetooth ビーコンは、小型のワイヤレスデバイスで、Bluetooth Low Energy(LE)技術でその存在とサービスを知らしめています。ビーコンは、近接の互換性のあるスマートフォンまたはタブレットに対してビーコン識別子を繰り返し送信します。スマートフォンやタブレットは自身の場所やサービスを決定するのにビーコンの情報を使用することができ、それに応じて機能します。

近接認識アプリケーションを有効にする

ビーコンは通常、2つのシナリオのいずれかで使用します。まず最も一般的なビーコンの使用例は、固定位置に設置するか移動可能なものに取り付けるかで、近接ビーコンをスマートフォンに関連付けさせることで、アプリを開いたりコンテキストに関連した内容を提案するなど希望の操作を実行することができます。2つめは、固定無線ノードを使用して、近くのあるいはモニタリング範囲にあるビーコンをモニタリングすることです。その後、有線または広域ネットワークを使用して別のアプリケーションにレポートすることが可能です。これらの例は、資産管理、モバイル・エンゲージメント、ウェイファインディング、ポイントオブセール・システムなどの多数のアプリケーションで使用できます。

モバイル・エンゲージメント

アプリ内販促を実現します。

ブラウザに基づいたアドバタイズメントを送信します。

ウェイファインディング

屋内でのナビゲーションを実施します。

関連した地域の Web コンテンツを提供します。

ポイントオブセール

メニュー提供をカスタマイズします。

在庫管理を最適化します。

資産トラッキング

リアルタイムで場所を特定します。

手動スキャンを排除します。



Bluetooth LE ビーコン技術の概要

Bluetooth LE ビーコンは、Bluetooth SIG コア・バージョン 4.0 およびそれ以上でサポートされています。ビーコンはコイン型電池で何年間も機能し、低い頻度で小さなデータを送信するのに適しています。

LE ビーコンは 2.4 GHz ISM バンドと Bluetooth BR/EDR のような複数チャンネル間の RF エネルギーを広げるための周波数ホッピング技術を利用します。しかし Bluetooth BR/EDR とは一線を画し、LE ビーコンは79の 1 MHz ワイドチャネルの代わりに40の 2 MHz ワイドチャネルを使用します。Bluetooth LE 技術の40のチャンネルのうち3つ (37、 38、および 39) は、ブロードキャスト・ノードの機能についての情報を含むアドバタイズ・パケットの送信用となっています。これら3つのチャネルは、プライマリー・アドバタイズ・チャネルと呼ばれます。Bluetooth 5 では、ビーコンはセカンダリ・アドバタイズ・チャネルとして残りの37のデータチャネルのいずれも使用することができ、その他のデータを送信したり、プライマリ・チャネルへの負荷を軽減することが可能です。

ビーコンは、そのアドバタイズ・チャネルの少量のカスタマイズ可能な埋め込みデータのパケットをブロードキャストする Bluetooth の機能を利用して動作します。Bluetooth Low Energy スキャナはパケットをアドバタイズするために定期的にスキャンし、内容を把握して適切な行動を取るためにそれらを解読します。



ビーコン・エコシステム

Bluetooth SIG による公式なビーコン規格はありません。すべてのビーコンの実装は、1つの企業や企業グループによって開発され、それらの使用を希望する他の企業によって採用された擬似規格です。



ビーコン製品を設計するための考慮事項

ビーコンは、自動販売機から除雪機や草刈り機まであらゆるものに新たなビジネスモデルを可能にします。これまで無線技術を使ったことがなかった多くの OEM 企業は、今や Bluetooth を採用し、自社製品にビーコンを組み入れています。

ビーコンは比較的単純ではあるものの、設計者はハードウェアとソフトウェアの基礎的要素や、バッテリ寿命に伴うトレードオフ、どのようにビーコンが現地に設定され配置されるか、セキュリティとプライバシー、そしてもちろんベンダーの開発ツールとサポートについて考慮する必要があります。



閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software