スマートホーム

スマートホーム・センサー

あらゆるエコシステムに対して10 年間の電池寿命を持つ、小型で長距離対応のスマートホーム・センサーを構築します。

ご参加いただきありがとうございます
Works With 2020

複数のプロトコルに渡る接続された認定済みのエンドノード・デバイスを設計するスマート・ホームへの取り組みを促進する支援をいたします。以前ライブで参加できた方々、そして今回初めて参加する方々にもお役にたてる内容です。業界のリーダーから学び、基調講演や技術セッションにぜひご参加ください。すべてオンデマンドでご利用いただけます。

概要

当社のワイヤレス・センサー・ソリューションで、コンテキスト適応型スマートホームを構築する 

スマートホームにワイヤレス・センサーを追加することで敷地内のモニタリングが可能になり、消費者はコスト削減し、安心を手に入れることができます。当社のスマートホーム・センサー用ワイヤレス開発プラットフォームは、信頼性が高く、相互運用性と高いコスト効率を備え、開発が容易なため、製品化や規模の拡大を迅速に行うことができます。Zigbee、Bluetooth、Z-Wave、周辺デバイスのいずれを開発する場合でも、当社の開発キットとツールで対応ができます。

設計に関する考慮事項

スマートホーム・センサーを設計する

ワイヤレス・スマートホーム・センサーは、極めて低い電力で、サイズが小さく設置が簡単なことから、IoT の基本的な構成要素となっています。ワイヤレス・センサーは、温度、湿度、水漏れ、接触などの状況を監視してこのデータを収集し、ゲートウェイやパネルなどの制御ユニットに、ワイヤレスで送信し、そこで処理、評価、対応を行います。IoT デバイスがあれば、ワイヤレス・センサーは Zigbee、Bluetooth、Z-Wave および独自のプロトコルを使用して送信します。スマートホーム・センサーには、独自の要件を持つ 2 つの大まかなカテゴリーがあります。プロ仕様のセンサーには、長い電池寿命、長距離、高い信頼性、スモール・フォーム・ファクタが求められ、消費者向けのセンサーでは通常、低価格や設置の簡易性が求められます。

スマートホーム・センサーの設計時の設計に関する重要な懸念事項は、電池寿命です。センサーの電池寿命は、ノードの範囲、周波数感度、データレート、ネットワーク内のノード数に依存します。このセンサーのフォームファクターも、電池を選択によって影響を受けます。より小型のワイヤレス・センサーは、邪魔にならず、柔軟に取り付けや設置ができますが、大型の電池では小型電池と比較して容量が大きく動作時間が長くなります。送電の出力電力を増加させるとセンサーの範囲とカバレッジは拡大されますが、電池寿命が短くなります。

慎重に設計を選択をすること、プロトコルの適切な実行、効率的なハードウエア、堅牢なファームウェアがセンサーを設計する上で鍵となります。当社のセンサーソリューションは、開発者に範囲、コスト、運用寿命、設置の容易さなどの実装を最適化を図るための柔軟性を提供するために、高出力、優れた周波数感度、構成可能なデータレート、複数のプロトコルサポートを可能にします。

ブロック図
適切な製品を見つける


Z-Wave

Z-Wave 700 シリーズモジュール・ワイヤレス・スターターキット(SLWSTK6050A)

詳細

Zigbee、Thread、Bluetooth、マルチプロトコル

EFR32MG13 2.4 GHz および 915 MHz +19 dBm デュアル・バンド無線基板(SLWRB4158A)

詳細

独自規格

EFR32FG13 2.4 GHz および 915 MHz 無線基板(SLWRB4255A)

詳細
リソース

狭域デバイス用アンテナ

低コスト・ワイヤレス・ネットワークにおける範囲およびバッテリ寿命の最大化

組み込みアプリケーションに最適なバッテリの選択

Z-Wave 700 スターター・キットを今すぐ使ってみる

Thread と Zigbee 用ワイヤレス・メッシュ・ネットワーキング・ソフトウェア

Silicon Lab の Bluetooth Low Energy(LE)および メッシュ・ソフトウエア

スマートホーム:あらゆるエコシステムに対応

スマートホーム設計の未来

Connect ネットワーキング・スタック

概要
設計上の考慮事項
ブロック・ダイアグラム
適切な製品を見つける
リソース
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software