スマートリテール

小売損失防止のためのソリューション

従来の損失防止タグにとどまらず、タグをテクノロジーでで強化し、新しい価値創造のプラットフォームを構築します。

小売業における損失防止の再定義

小売損失防止から価値の創出まで

大手小売業者は、損失防止の概念を改革しています。従来の RFID 技術や音響磁気技術は、現在 Bluetooth によって強化され、単なる損失防止ツールのタグをモジュラー型の価値創出プラットフォームへと変換し、運用を改善し、顧客体験を向上させます。


屋内測位を有効にする

防犯タグにBluetooth 位置検知機能を搭載することで、非侵入型でありながら、より包括的な盗難防止対策が可能となり、ゲートのない現代のショッピング環境にも対応し、オムニチャネル戦略をサポートします。リターンラベルは、以下の方法で入手できます。Bluetooth の到達角度 (AoA) 技術と出射角度 (AoD) 技術は、サブメートル精度で商品の位置を追跡します。


製品情報のエンリッチメント

Bluetooth ワイヤレス接続を使って強化された損失防止タグは、スマートフォンで、より豊かで詳細な製品情報、仕様、ユーザーレビューなどをシームレスに提供します。小売店は、顧客ロイヤルティを構築しながら、的を絞ったアウトリーチを提供できます。


オンラインチェックアウトを改善する

損失防止タグが有効化されている Bluetooth 接続があれば、小売環境にスムーズなオンラインショッピング体験が提供されます。お客様は、スマートフォンで Bluetooth を介して製品情報をスキャンするだけで、オンラインで支払いを行い、タグを無効にして、購入を完了できます。


ファッション関連のリテール技術のイノベーター、Zliide が バーチャルショッピング体験を小売店に導入する方法をご覧ください。

損失防止のためのスマート・ワイヤレスや屋内ポジショニング・ソリューションを開発する際には、これらのベスト・プラクティスの設計上の考慮事項に注意してください。

コスト効率の良い正確なポジショニングを実現する

屋内位置情報に基づく小売損失防止ソリューションは、高い精度が求められる一方で、小売店に対する総コストは最小限に抑える必要があります。Bluetooth 方向検出は、損失防止タグの精度とコスト効率ボックスをチェックします。

到着角(AoA)と出発角(AoD)に基づくBluetooth 方向検出技術により、サブメーター(<1 m)レベルの位置決め精度が可能になります。Silicon Labs の BG22、Bluetooth 方向検出対応の低消費電力 SoC は、小売損失防止ソリューションに最適な低消費電力でコスト効率の高いハードウェアです。


損失防止タグのワイヤレス接続の最適化

優れた RX 感度は、損失防止タグの重要な機能で、エネルギー消費を最小限に抑えながら、信頼性の高い長距離ワイヤレス接続を可能にします。Silicon Labs の BG22 Bluetooth Low Energy SoC を使用することで、-107 dBm の優れたレシーバ感度で損失防止を実現し、タグのワイヤレス通信と電池寿命を最適化できます。


小売損失防止タグでの 10 年寿命

小売店の総所有コスト (TCO) を最小限に抑えるためには、ワイヤレス接続を含むアプリケーション全体のエネルギー消費を最小限に抑える必要があります。超低消費電力のワイヤレス・チップセットは、BG22 のように、コイン型電池で最大 10 年間タグを動作させ、優れた RF 感度を提供します。

Silicon Labs のチップセット RFSENSE 機能は、タグが使用開始された後は、RF システムがウェイクアップするまでハードウェアをスリープ・モード (~170 nA) に維持することで、電池を維持します。


堅牢なセキュリティで損失防止タグを保護

屋内での位置情報に基づき、オンライン決済も可能な小売損失防止タグは、ハッキングや攻撃から保護する必要があります。Silicon Labs の各種 SoC とモジュールは、市場をリードするセキュリティ機能を提供し、小売業者のビジネスとブランドを保護します。

 

損失防止のブロック図

追加製品とサービス

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software