スマートシティ

スマート・ビル

効率と快適性を最大化するスマート・ビルディング・ワイヤレス・ソリューション

従来の有線ビルシステムを残す

ほとんどの大規模な商業ビルは、有線プロトコルとインフラで動作する 1 つ以上のビルディング・オートメーション・システム (BAS) に依存しています。これらのシステムは、主に暖房、空調、換気(HVAC)機器全体に分散する中核となる建物の機能を自動化および制御します。新しいデジタルの世界では、従来の BAS は効率があまり高くありません。タイムリーで粒度の細かい建物内の重要パラメータを提供できないためです。これらはすべて大きなエネルギーの浪費につながり、建物は世界のエネルギー消費量のほぼ 40% を占めています

 

何が建物をスマートにするのか?

スマート・ビルディングのワイヤレス接続により、有線ケーブルと隔離されたポイント・イン・タイム情報を管理するコストと複雑さを排除することができます。しかし、既存の BAS 運用を完全に置き換える可能性は低いですが、IoT は新しいレベルの効率と高価値のユースケースを提供します。

ビル管理者は、既存のインフラを、スケーラブルで統一された低電力の電池駆動式エンドポイントのネットワークに改修することで、施設を変革できます。これにより、リアルタイムのコンテキスト化されたデータに基づく意思決定が改善され、施設管理が再発明されます。

 

建物のデジタル化の主な推進要因


エネルギー効率

スマート・ビルディングにおける管理システムは、エネルギー効率を高めるために、オンデマンドのローカル機器制御を促進します。コア・エネルギー・システムを接続することで、ビルのオペレーターはエネルギー使用量の多いエリアを正確に特定し、コストのかかるエネルギー漏出をうまく軽減できます。異なる暖房、冷却、照明システムをフロアデータ・トラフィックやテナントの行動と結合することで、オフィスレイアウトを最適化し、スペースを活用することができます。


スタッフの快適性と安全性

施設運営のあらゆる側面にワイヤレス接続を組み込むことで、建物は応答性の高い環境になります。スマート・ビルディングは、ユーザーのニーズや好みに適応するように設計されており、入居者の健康と幸福を最大化します。屋内の温度データを超えた指標で、施設は使用データ、空気の質、照明、湿度レベルに基づいてテナントの快適性を確保します。

IoT 接続は、建物の安全性確保にも利用できます。リアルタイム監視により、施設管理者は盗難、侵入を軽減し、入居者の健康に関する時系列データを収集できます。また、人や屋内アセットの場所によって、アクセス制御の制限や安全対策を講じることができます。


運用およびメンテナンスコスト

従来の BAS システムの拡大は、労働集約的で時間のかかる新しい配線インフラの展開を意味し、あらゆるビル管理者にとって大きな設備投資となります。ワイヤレス接続は、接続ノードの追加、削除、更新に新たなレベルの柔軟性をもたらします。明確な経済的メリットとは別に、IoT は建物のシステムや重要な機器に関する洞察を提供することで、ビルの寿命を延ばし、メンテナンスコストを削減します。


スマート・ビルディング向けワイヤレス・ソリューション

Silicon Labs は、より多くのビル管理者がワイヤレス技術の時代に突入する中、デバイス・メーカーがこの収益機会を活用できるように支援します。業界をリードする当社のワイヤレス・チップセットとモジュール、ソフトウェアと開発ツールにより、断片化されたマルチプロトコル・スマート・ビルディング環境全体で安全かつ堅牢な接続を実現します。

Silicon Labs では、ZigbeeWi-FiBluetooth プロトコルの技術サポートで、幅広いハードウェア、革新的なワイヤレス・ソフトウェア、最も堅牢なセキュリティを備えたスマート・ビルディング・デバイスを実現できます。

追加製品とサービス

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software