SLWSTK6006A

MSRP$479.00

EFR32xG21 ワイヤレス Gecko スターター・キット

EFR32xG21 ワイヤレス・スタートキットが、Bluetooth、Zigbee、Thread およびマルチプロトコル Zigbee/Bluetooth ソフトウェア・スタックをサポートします。当社のソフトウェアは、Bluetooth を使用したワイヤレス・モジュールや SoC 向けの設計ツール、資料、ソフトウェア、およびサポート・リソースにワンクリックでアクセスできます。事前コンパイル型デモ、アプリケーション・ノート、およびサンプルにより、素早く立ち上げを実行します。エネルギー・プロファイリングやネットワーク分析といった高度なツールを使用して、ワイヤレス・システムを最適化できます。EFR32xG21B を評価したい場合は、別途 xG21B モジュール(SLWRB4181C +10 dBm)を購入してください。

MSRP$479.00

 

キット内容

  • 3 x ワイヤレス・スターター・キットのメイン・ボード
  • 3 x EFR32MG21 2.4 GHz 20 dBm 無線基板
  • 3 x EFR32MG21 2.4 GHz 10 dBm 無線基板
  • 単三電池基板 (バッテリからの +20 稼働をサポート)
  • ケーブル
  • EFR32MG スタート・ガイド・カード

キットの特徴

  • 同梱のデバイス:
    • EFR32MG21A020F1024IM32(+20 dBm 無線基板
    • EFR32MG21A010F1024IM32(+10 dBm 無線基板)
  • モジュラー設計により、さまざまな無線基板をサポート
  • 拡張ヘッダにより、簡単に拡張可能
  • 統合デバッグ
  • パケット・トレースをイーサネット接続と USB 接続の両方でサポート
  • コイン型電池をサポート
  • バッテリ測定とエネルギー・プロファイラ用に高度エネルギー・モニタ (AEM) をサポート

Simplicity Studio の機能

  • エネルギー・プロファイラ
  • ネットワーク・アナライザ
  • AppBuilder

ステップ1:事前にインストールされているレンジ・テストの実行

EFR32xG21 無線基板には、ダイナミック・マルチプロトコル・レンジ・テストが事前にインストールされています。このテストは、2 無線基板間で単体で機能し、あるいは BLE 経由で電話に接続し、2 無線基板間でテストを実行します。

ステップ1: Apple の App Store から iPhone 用のWireless Gecko App を、Google Play ストアから Android 用アプリをダウンロードする

ステップ2: Wireless Gecko 無線基板を WSTK メイン・ボードにインストールして、付属の USB ケーブルと基板上の電源を介して電源に接続します。

ステップ3: Wireless Gecko アプリケーションを開き、レンジ・テスト・デモを選択します。

ステップ4: 画面には、デバイスが DMPxxxx としてが表示されます。開発基板の PB0 スイッチを押して、デバイス名を表示します。PB0 を再度押すと、設定画面に戻ります。

ステップ5: [接続する最初のデバイスを選択] を選択し、[TX モード] を選択します。下にスクロールして [繰り返す] ボタンを選択し、[Start TX] を押します。

ステップ6: アプリの左上にある戻る矢印を選択し、次に [レンジ・テスト・デモ] を選択し、接続する 2 番目のデバイスを選択して [RX モード] を選択します。[RX を開始] を選択します。受信統計は、レンジ・テスト・アプリケーションと開発ボードの両方に表示されます。テストは、1000 パケットを受信した後に停止します。

ステップ2:Simplicity Studio のダウンロードとインストール

プリコンパイル済みデモ、アプリケーション・ノート、およびサンプルにより、素早く立ち上げ実行します。エネルギー・プロファイリングやネットワーク分析といった高度なツールを使用して、ワイヤレス・システムを最適化できます。ソフトウェア・パッケージを下から選択してください。

ステップ3:キットを差し込んで、Simplicity Studio を使って希望の SDK をインストールする

キットを接続した後、Simplicity Studioを起動して、左上隅(メニューバー下の緑色の下↓)でパッケージ・マネージャーを開きます。目的のスタックを選択し、ダウンロードします。パッケージ・マネージャーに定期的にアクセスして、更新の有無をチェックしてください。

  • Micrium OS – DMP アプリケーションに必要
  • Bluetooth SDK
  • Bluetooth メッシュ ADK および SDK
  • EmberZNet SDK
  • Thread SDK
ステータス
ラジオ基板 列を選択
列を選択
ラジオ基板 同梱のデバイス フラッシュ RAM 出力電力(dBm) Bluetooth 5 Bluetooth メッシュ Zigbee Thread 独自規格 サブ GHz 独自規格 2.4 GHz
同梱のデバイス:EFR32MG21A010F1024IM32
1024 96 10
同梱のデバイス:EFR32MG21A010F1024IM32
1024 96 10
同梱のデバイス:EFR32MG21A020F1024IM32
1024 96 20
同梱のデバイス:EFR32MG21A020F1024IM32
1024 96 20
同梱のデバイス:EFR32MG21B010F1024IM32
1024 96 10.5

A -> Z で並べ替え
Z -> A で並べ替え

値別にフィルタ…

ナレッジベース記事

特定の製品に関する情報については、ナレッジベースの記事を参照してください。

ナレッジベースを読む

ユーザ・フォーラム

技術的な質問の閲覧、アイデアの共有、最新ソリューションについてももっと学ぶ事ができます。

フォーラムの検索

まだヘルプが必要ですか?

テクニカルサポートに連絡するか、事案を確認してください。

サポートのリクエスト
閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software