Tuya Smart、Silicon Labs のワイヤレスソリューションを使って誰でも簡単にノーコードでIoT開発を実現

PDF

顧客のニーズ

  • エンド・ツー・エンドのフルスタック開発プラットフォームを作成し、エンジニアリングの知識レベルやワイヤレス開発の経験レベルを問わず、誰でも IoT 機能をアプリケーションに組み込むことができるようにします。

結果

  • Tuya Iot 開発プラットフォーム
  • は、今までに 200 カ国以上の地域から、51万名を超える開発者が登録しています。Tuya を搭載したスマートデバイスは、世界中で10万件ものオンラインやオフラインの販売チャネルを通じて販売されています。

製品

  • EFR32MG24 シリーズ 2 マルチプロトコル SoC
  • Tuya にとって、協力的でオープンなパートナーシップを育みながら、技術的な課題に対処できる大手企業と協力することは重要です。Silicon Labs のポートフォリオと業界の専門知識は、まさに理想的でした。

IoT 導入のスピードは、よりアクセスしやすいワイヤレス IoT 開発にかかっています 

IoT の採用は過去 10 年間で飛躍的に増加しており、私たちの生活をより簡単に、安全に、便利にするための新しいデバイスが急増しています。ワイヤレス接続は、ほんの数年前には、私たちが必要であることすら気が付いていなかった無数の製品を生み出しました。例えば、Amazon Alexa や Google Assistant などのデジタル・アシスタントがこれほど役立つが、どれだけの人が予想できたでしょうか?しかし、IoT は、家庭用電化製品やコンシューマー・エレクトロニクスなど、私たちが常に頼りにしてきたものをより便利にしています。これは IoT 導入が主流になるための鍵となるデバイスのグループです。照明やサーモスタットは便利ですが、これらをスマートにすることは大きな変革です。これらの機器が与えた省エネと利便性は、部屋を歩き回って操作しなければならなかった時代には想像し難いものでした。

 

しかし、ワイヤレス設計は難しく、顧客に次の大きなイノベーションを提供することに注力しているメーカー各社は、ソリューションに接続性を構築するためのエンジニアリングの専門知識を持っていないかもしれません。社内に設計チームを立ち上げるにはコストがかかり、その場合でも、独自のソリューションをゼロから構築するには、技術的な専門知識と多大な開発時間が必要です。Tuya Smart はこの点をよく理解しており、OEM が IoT のメリットを顧客に提供することができないといった、IoT 開発に困難な課題が伴うことは望んでいませんでした。今では、コード不要の IoT 開発プラットフォームにより、あらゆるデバイスメーカーがプロトタイプから大量生産にわずか数 15 日で移行できるようになりました。

 

 

 

 

Tuya Smart の共同創業者兼 COO である Alex Yang に、Tuya Smart と Silicon Labs のパートナーシップについてのお話を聞いてみましょう。

 

Silicon Labs で IoT パートナーを見つける

英語では、tuya という言葉は氷山の下で形成されるる火山の一種です。中国語では、落書きという意味です。Tuya は、この爆発的な創造の精神をもって、ブランドが接続性を通じて製品価値を高めるのを支援するために立ちげました。しかし、そのためには、マルチプロトコルの未来を支えてくれるシリコンプロバイダーを見つける必要がありました。Tuya は、最初のプロジェクトでは Wi-Fi に重点を置いていましたが、これは他のプロトコルに拡張して、アプリケーションのニーズに応じて最大限の柔軟性を備えた低消費電力オプションを顧客に提供する必要があると考えていました。MG24 マルチプロトコル・ワイヤレス SoC は、Matter 規格 をサポートするためにゼロから設計されており、OpenThread などの 802.15.4 ワイヤレス・プロトコル向けに市場で最高のリンク予算を提供し、OpenThread 向けに屋内で最大 200メートルの長距離を提供すると同時に、同じチップ上の Bluetooth Low Energy コミッショニングを非常に低いエネルギー・レベルで実現して、長いバッテリ寿命を実現します。

この取り組みで最高のパートナーを探すことも Tuya にとって非常に重要で、このアプローチが最高のソリューションを生み出すという同社の哲学が彼らを Silicon Labs へと導きました。先駆的なハードウェア開発の実績と、業界をリードするエコシステム(Silicon Labs は Amazon、Apple、Google と並んで Matter の最大のコード・コントリビュータです)における当社のリーダーシップ・ポジションにより、Tuya は Silicon Labs の技術的な能力と業界を前進させるというコミットメントは、彼らにぴったりだと確信しました。顧客に差別化を図る各機能を提供するツールに対するSilicon Labs の評判に加え、Tuya は、開発者に柔軟性を拡張するさまざまなデバイス I/O、API、およびその他のオプションを通じて柔軟性を提供できるベンダーを必要としていました。

MG24 を Tuya プラットフォームの一部として選択するにあたり、同社は 3 つの特徴を検討しました。まず、会社が顧客の構築を支援している高度なシステムを管理するのに十分なコンピューティング機能と RAM が必要でした。第二に Tuya は、より多くのタイプの IoT デバイスを構築するために、さまざまな利用可能な I/O を必要としていました。最後に、Connectivity Standards Alliance(CSA)の理事会メンバーであり、Matter ワーキング・グループの初期メンバーの 1 人として、Tuyaは自社の顧客とビジネス・パートナーが新しいスマートホーム接続規格にシームレスに参加できるようにすることを確約して Matter へのサポートを表明しました。したがって、Tuya は Matter をサポートするチップを選択しています。

すべての人のための IoT 開発

製品化を迅速におこなうことは、デバイスメーカーが直面する最大のプレッシャーです。Silicon Labs がスタックおよび API 開発に関して提供するオープン性のレベルにより、Tuya はお客様向けの開発を劇的にスピードアップすることができます。さらに、両社はデバッグ、テスト、設計プロセスを迅速化するその他のタスクに緊密に取り組んでいます。IoT の採用は、優れた企業たちが協力し合えるかどうかにかかっています。ユーザーにとって優れた IoT 体験を生み出す信頼の高いブランドほど、この採用は迅速に行われています。Tuya や Silicon Labs などの企業が IoT 開発の障壁を取り除くために協力し合えば、誰もが勝利を収めます。

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software