Viessmann、次世代の環境制御ソリューションに接続性とグリーンエネルギーを提供

PDF

顧客のニーズ

  • バッテリ駆動の加熱、冷却、グリーン・エネルギー・アプリケーション向けの高性能、低消費電力、省スペースの、将来を見据えた Zigbee ベースの SoC プラットフォーム。

結果

  • 長寿命電池電源で動作する、将来対応型、コンパクト設計で堅牢な IoT 駆動エネルギーシステム。

製品

  • EFR32MG24 シリーズ 2 マルチプロトコル SoC
  • EFR32MG24 シリーズ 2 マルチプロトコル SoC は、高度なアナログ統合周辺装置を搭載し、Viessmann 気候制御ソリューションの高精度測定を可能にし、マルチプロトコル、2.4 GHz帯域で高性能ネットワーク接続を保証します。

Viessmann は、暖房・冷蔵システムのグローバルリーダーとして、一世紀以上の歴史を持つ企業です。その間に世界は大きく変わりました。今日、Viessmann は、エネルギー生産から利用に至るまで、プロセスのあらゆる段階で持続可能な包括的なアプローチによる気候とエネルギーのソリューションを提供することに重点を置いています。その結果、Viessmann は、高効率ガス凝縮ボイラーや太陽熱加熱システムなど、快適な生活空間の創造におけるグローバルリーダーとなりました。また、この理念は、環境に優しい再生可能エネルギーを原動力とするシステムのパイオニアとしての評判を確立することにもつながりました。

コネクテッド環境は効率的な環境

持続可能性を重視することは、世界中の顧客のニーズに迅速に対応するということを意味しています。近年、ワイヤレス接続とそれに伴う様々なメリットよりも速く動いている市場はほとんどありません。デジタル・アシスタントやスマート・サーモスタットなど、家庭での IoT デバイスの採用により、私たちの生活には新たなレベルの利便性をもたらしています。これは現在、商業施設、産業施設、さらには市町村での展開にも拡大しています。その規模は、より安全で快適な条件に転換するだけでなく、エネルギーや環境の面でも大幅な向上の実現にも役立っています。また、各国政府は気候変動対策を推進するための規制にも重点を置いています。Viessmann が本社を置くドイツは、2050 年までにカーボンニュートラルを目指すという目標を掲げています。

 

Viessmannは、IoT設計を専門とする子会社ithinxはを中心に、この分野をリードしている企業の一つです。Silicon Labs は両社と協力して、自社製品への接続性の実現を支援してきた実績があります。まず、両社の独自規格からオープン Zigbee プロトコルへと移行する際のサポートを行いました。これにより、他の企業が独自のドメインに関する専門知識を Viessmann のエコシステムに持ち込み、より完全な環境を顧客に提供できるようにしました 

将来を見据えた気候制御ソリューションを実現する、マルチプロトコル SoC プラットフォーム

Viessmann は最近、新しくリリースされた EFR32MG24 マルチプロトコル SoC を自分たちのポートフォリオへと統合し始めました。MG24 は、Zigbee、OpenThread、2.4 GHz 無線を含む Matter プロトコル、低消費電力、1.5 MBのフラッシュ、256 kB の RAM をターゲットとしたスマート IoT デバイス用に特に設計されています。また、豊富な周辺機器を取り揃えており、低消費電流Viessmann は、頻繁に電池を交換するという負担を強いることなく顧客に柔軟性を提供する、電池駆動型の暖房システム ViCare や冷凍機製品を導入することが可能となりました。新しいViCareシステムは、Zigbeeゲートウェイ機能を家電製品に統合し、追加の機器を必要としません。MG24 は、統合型アナログ・デジタル・コンバータ(ADC)と統合型 DC-DC コンバータを特長としています。どちらも PCB のサイズを縮小する小型サイズで、超スモール・フォーム・ファクタ・アプリケーションの設計を可能にします。この統合により、部品表コストも削減されます。

 

Viessmann は、この MG24 の性能以外でも、オンサイト・サポートやワークショップなど Silicon Labs の技術サポートの恩恵を受けています。ithinx は Silicon Labs の設計パートナー・ネットワークの一員であるため、製品ロードマップへ早期にアクセスでき、フィードバックを共有し、今後のプロジェクトについて意見を提供する機会が得られます。Connectivity Standards Alliance、別名 CSA での Silicon Labsの役割も Viessmann にとって重要な資産です。CSA は、長い歴史を持つ Zigbee プロトコルに加え、よりシンプルで迅速な IoT 開発のためのクロス・プラットフォーム型通信プロトコルを確立する、新しい Matter 標準のスチュワードシップを担っています。Silicon Labs は、これらのプロトコルの開発を主導していることは、開発者が設計曲線の先を行くためのソリューションを当社が提供できることを、お客様が確信していることを意味します。

 

Viessmann や ithinx と密接に連携することで、Silicon Labs は高性能デバイスだけでなく、実証済みのソフトウェアや入手可能な最高レベルのセキュリティ認証である、PSA Level 3-認証 Secure Vault™ を含む完全なソリューションを提供します。MG24 では、通信チェーン全体が暗号化されています。この機能は、スマートホーム産業医療 IoTアプリケーションにとってますます重要となってきています。

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software