IoT 開発ライフサイクル

IoT 開発者の道のりは長く、困難なものです。製品開発には、IoT 製品をアイデアから徹底的にテストされたプロトタイプや詳細な設計へと落とし込んでいく必要があります。これには、完全な部品表(BoM)と製造・組立設計(DFMA)などがありますが、それだけに留まりません。製品が発売された後、そのソフトウェアは、製品ライフサイクル全体を通じて、インストールベース全体で継続的に改善、テスト、配布する必要があります。最後は、製品は適切に廃棄され、リサイクルされなければなりません。



製品開発

開発者は、エンベデッド・ソフトウェアとハードウェアを迅速かつ効率的に統合する方法を決定し、堅牢なセキュリティ、優れたワイヤレス RF 性能、長い電池寿命、優れたユーザ体験を備えた優れた製品を作成する必要があります。また、ワイヤレス・スタックのテストと認証を行い、頻繁に進化する無線規格とセキュリティ規制に準拠していることも確認する必要があります。

製造 

デバイスメーカーにとって製造上最も重要な課題の 1 つは、外注製造プロセス中に知的財産(IP)を保護し、製品のクローニングや不正な製造を防ぐことです。

流通

流通の間、IoT デバイスメーカーは、サプライチェーンでの長時間の待ち時間でバッテリーを保全する方法、航空貨物輸送中の RF 放射を排除する方法、改ざんを防止する方法など、いくつかの重要な課題を考慮する必要があります。

使用とメンテナンス

ユースケースやアプリケーションに応じて、IoT デバイスの寿命は数日から数か月、または数年にまで延長することができます。とはいえ、デバイスメーカーは、インストールされたベースをライフタイムに渡り効率的に維持しながら、毎日優れたユーザ体験を提供する必要があります。設計に関する選択、ソフトウェアの実装、ハードウェア設計、ワイヤレス・パフォーマンス、エネルギー効率、セキュリティ機能、ネットワーク、コンパニオン・デバイス、クラウド、エコシステムとの互換性のすべてについて、究極のテストが行われています。

リサイクル

現代のワイヤレス IoT 製品では、廃棄によってデバイスメーカーの責任が終了するわけではありません。製品にはユーザの個人情報が保持されたままになっている場合もあります。そのため、いわゆる「ごみ箱が原因で襲撃される可能性」が広がっています。デバイスメーカーは、ユーザー情報を消去し、リサイクル段階でセキュアキーを再割り当てする方法を計画する必要があります。



Silicon Labs では、ワイヤレス、センサー、マイクロコントローラの製品の多くのメンバーに対し、最低 10 年のライフサイクルを目標として掲げています。

これらの特定の製品群の寿命に関する詳細については、以下のリンクを参照してください。

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software