新しい設計には推奨しておりません: 本パーツは新しい設計用には推奨しておりません(NRND)。新しい設計には、 ご使用をお勧めします。
デバイス/モジュールの画像

EM3588

ZigBee SoC

注:新しい設計用には推奨しておりません(NRND)。ホストからワイヤレス IC への USB 接続を必要とする新しい設計に対しては、当社の EFR32MG 付き CP2102N USBXpress ブリッジ IC または EM358x/9x の非 USB バリアントをお勧めします。この EM3588 システム・オン・チップ(SoC)には、ARM® Cortex®-M3 マイクロコントローラ、512 kB のフラッシュ、64 kB の RAM、0 GPIO が含まれ、QFN48 パッケージを採用しています。EM3588 デバイスには、Zigbee と Thread のワイヤレス・ソフトウェアが含まれます。

 

主要仕様

 
コア周波数 (MHz)
24
フラッシュ (kB)
512
RAM (kB)
64
デジタル I/O ピン
0
USB
あり
パッケージ・タイプ
QFN48
コア周波数 (MHz)
24
フラッシュ (kB)
512
RAM (kB)
64
デジタル I/O ピン
0
USB
あり
パッケージ・タイプ
QFN48
EM35xx ブロック図

品質保証、環境および包装に関する情報

Silicon Labs targets a minimum of a 10-year lifecycle for all of its standard producs and expects to produce the EM3588 until at least 9 月 20 日24.

供給継続のための継続的なコミットメントの一環として、サプライチェーンの調整、製品の改善、市場の状況、または同様のビジネス業務上や技術的な問題により、Silicon Labs が必要であると判断した場合、Silicon Labs はピンと互換性があり、機能的に同等の代替製品を提供することがあります。

ビジネス、技術またはその他の理由で Silicon Labs が妥当とする采配を超えた場合、Silicon Labs は、製品を製造中止する必要があると判断し、通知から 6 か月で最後の注文をおこない、通知から 12 か月で最後の出荷をおこなう旨を伝える EOL 通知を発行することをポリシーとしています。本ポリシーは、半導体業界で一般的に使用されている JEDEC 規格 EIA/JESD48 に準拠しています。製品のライフサイクルに必要なサポートを提供します。

Silicon Labsのデバイスの品質、環境、デバイスの構成、テスト結果、出荷、サプライチェーンに関する追加情報を検索し、ダウンロードすることができます。

検索結果には以下が含まれます。

  • 製品情報
  • 梱包情報
  • 品質システム認証
  • 財務情報
  • 紛争鉱物(CMRT)
  • 環境情報
    • RoHS 準拠証明書
    • REACH 宣言
    • 詳細なデバイス構成 (MDDS)
    • MCD/FMD
  • 認定データ
  • 貿易コンプライアンス:ECC/HTS コード
  • サプライチェーン情報
  • IPC 1752-2 クラス6 (XML 形式)
  • ICP テスト・レポート
  • ハロゲンフリー準拠証明書
  • PFOS 準拠証明書
  • 供給保証書 (長期)
閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software