Telegesis ETRX3587 無線モジュール、 512 kB フラッシュおよび 64 kB RAM付き

Silicon Labs Telegesis ETRX3587 は EM358x Zigbee SoC ファミリに基づいています。EM3587 チップは単一チップ、高性能 2.4 GHz Zigbee® トランシーバおよび ARM® Cortex®-M3 プロセッサで、厳重にテストされ現場で証明された EmberZNet Zigbee PRO ネットワークプロトコルスタックに統合されています。この Zigbeeソフトウェアは Zigbee スタックの信頼性抜群のバーをセットし、その他の Zigbee よりも多くの製品で使用されています。ETRX3587 モジュールは設置面積において最もよく売れている ETRX357 モジュールに対応しており、また大幅な追加フラッシュ・メモリと RAM を備えています。512 Kのフラッシュ・メモリと 64 K の RAM を備えたこの強力な製品には、コードを最も集中的に使用するアプリケーションに対処するのに余りある容量があります。ETRX3587 は RF の経験や専門知識を必要とせず、どのデバイスにも統合できるよう設計されており、お客様の製品を簡単に強力な Zigbee ワイヤレス・ネットワーク機能に追加してより早く市場に出すことができます。ソリューションに Thread 技術を使用したい開発者も使用できます。

モジュールの仕様

モジュールの機能:

  • 512 kB フラッシュ と 64 kB RAM
  • はんだ付けを容易にするサイドキャスタレーション
  • 2 アンテナのオプション:統合型チップ・アンテナまたは U.FL 同軸コネクタ
  • 業界標準の JTAG プログラミングとリアルタイム・ネットワーク・レベル・デバッグ
  • サブ 1 μA の最も低いディープ・スリープ電流および複数のスリープ・モード
  • 幅広い供給電圧(2.1~3.6 V )
  • 各モジュールはエンド・デバイス、ルータまたはコーディネータとして機能できます
  • アナログインプットを含む 24 多目的 I/O ライン(EM3587 SoC のすべての GPIO はアクセス可能)
  • シリアル・ポートまたは無線(パスワード保護済み)によるファームウェアの更新
  • ハードウェアでサポートされた暗号化(AES-128)

ETRX3587:

  • +3 dBm 出力電力 (+8 dBm ブーストモード時)
  •  -99 dBm (-101 dBm ブーストモード時)タイプの高感度。@ 1% パケット誤り率
  • RX 電流:25 mA、 TX 電流31 mA、 3 dBm 電力増幅時 

ETRX3587-LRS:

  • PA および LNA に統合された SiGe SE2432 を含みます
  • +20 dBm 出力電力 (-21 dBmまで調整可能)
  • -106 dBm タイプの高感度。@ 1% パケット誤り率
  • RX 電流:31.5 mA、 TX 電流約140 mA、20 dBm の場合

無線機能:

  • 2.4 GHz ISM バンド
  • 250 kbit/s の無線伝送率
  • 16 チャンネル (802.15.4チャンネル 11~26)

環境&認定:

  • CE および FCC 準拠、FCC モジュラー承認
  • 動作温度範囲:-40°C ~ +85°C

寸法:

  • SMT モジュール 25 mm x 19 mm

ETRX3587 ラジオ・モジュール

部品番号 カートに追加 資料 説明
ETRX3587 +3dBm 出力電力 (+8dBm ブーストモード時)および -99dBm 感度
ETRX3587-LRS +20dBm 出力電力 -106 dBm 感度



閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software