スマートリテール

小売店向け電子棚ラベル (ESL)

小売店の効率性と利益を高めながら、オンラインショッピングでのスムーズな体験と価格の透明性を提供します。

ケース・スタディ

電子棚ラベル技術がリテールの効率を向上

消費者がオンライン体験から期待するダイナミクスを変化させ、店舗内アクティビティを自動化することで、いかに新たな小売機会が生み出されるかについてご覧ください。

概要

電子棚ラベルのメリット

電子棚ラベル (ESL) により、小売店は店舗全体でリアルタイムに価格を自動更新できるようになり、手間がかかり、ミスの発生する手作業を取り除きます。小売店は ESL を使用することで、価格設定の効率と正確性を高め、クリックと回収を最適化し、補充を簡素化できます。店舗の運営者は、市場価格に対してすばやく反応し、価格を簡単に同期することでオンライン競争に追いつくことができます。ESL を使用することで顧客は正しい価格を即座に確認でき、パーソナライズされた詳細な商品情報を入手し、価格の透明性を保ったシームレスな店舗内体験とオンラインショッピング体験を創り出すことができます。

設計に関する考慮事項

電子棚ラベル (ESL) の主な構成要素には、e-インク表示、ラジオ、マイクロコントローラ、バッテリーがあります。これは単純な部品表であるにもかかわらず、高品質で長寿命の ESL を設計することは容易ではありません。詳細については、設計に関する重要な考慮事項を確認してください。

信頼性を最大化する

ESL にとって、信頼性が高く堅牢なワイヤレス通信は不可欠です。通常、店舗では困難な RF 環境で運営しており、そのネットワークには数万以上のデバイスやそれ以外のものも接続されている可能性があります。また、価格の更新は、毎回かならず適切でなければならない極めて重要な作業です。したがって、高性能な無線を使用することが ESL にとって不可欠になります。Silicon Labs の EFR32FG22 (FG22) と EFR32BG22(BG22) SoC は、ESL で一般的な 15.4 とBluetooth 低エネルギー・プロトコルをサポートし、TX 電力、RX および消費電力で市場で最も優れた RF 性能を提供します。

10 年もつ ESL を可能にする 

ESL で最も困難な点として言えるのは、何年にも渡る寿命を提供することです。小売店での交換をなくし、総所有コスト (TCO) を削減するために、どのように電池駆動型 ESL の寿命を最大化できますか? CR2032 または CR2450 のバッテリーで ESL の寿命を5 ~10 年にするには、電流バジェットは通常 10uA 未満となります。この電流バジェットで、E-インク表示の更新、ワイヤレス通信、LED の点滅などのその他の機能をカバーする必要があります。

Silicon Labs の FG22 または BG22 SoC はこのような要件も満たすことができます。3.6 mA TX と 2.5 mA RX という業界でも最低レベルの超低消費電力の無線と、超低消費電力 (0.17 uA-1 uA) のスリープ・モードを備えています。FG22 と BG22 もまた、RFSENSE ウェイクオン無線機能を備えており、デバイスがウェイクアップ専用無線シングルを受信するまで、デバイスは最低消費電力スリープモード (~170nA) のままになります。これにより、電池寿命が失われずに保持され (例えば、ESL の製造から展開までの間など)、ESL 無線が送信されることを妨ぎます (空輸中など)。

電子棚ラベルの IoT セキュリティ強化

セキュリティは、ワイヤレス ESL 製品にとってますます有効な要件となっています。店舗の価格設定を改ざんする攻撃者が現れたら、多大なコストがかかる可能性があります。Silicon Labs の FG22 およびBG22ワイヤレス SoC は、ハードウェア加速暗号化暗号、信頼の根幹を持つセキュア・ブート、マルウェアの侵入防止、セキュア・デバッグ・ロック/アンロック、ARM TrustZone などを統合します。堅牢なセキュリティで ESL を保護し、小売店の事業とブランドを保護します。

ESL 無線設計の簡素化

2.4 GHz とサブ GHz 周波数帯域上の独自規格のワイヤレス・プロトコルの無線設計は、複雑になることがあります。適切なツールを使用することで、ESL 開発を高速化し、コストを大幅に削減できます。当社の Simplicity Studio IDE には、速度に精通するソフトウェア・サンプルや、Radio Configurator などのツールが含まれており、コンパイル時に無線構成を変更し、複雑な低レベル・レジスターを学習することなく、特定の PHY 設定を自動的に生成するための簡単なグラフィカル・ユーザ・インターフェイスを提供します。また、ほとんどの地域には定義済みの PHY 設定が用意されています。PHY、周波数帯域、チャネル間隔、変調タイプ、ビット・レート、シンボル・マップ、タイミング検出など、さまざまな設定をすばやくカスタマイズできます。

電子棚ラベル開発の詳細を見る

ESL 開発を最初から適切に始めましょう。Silicon Labs のワイヤレス SoC で電子紙表示を駆動する方法についての詳細説明が書かれている、アプリケーション・ノートをご覧ください。

ブロック図

電子棚ラベルは、ワイヤレス・マイクロコントローラ・チップセットまたはモジュールに統合されたいくつかの主要コンポーネントから構築されています。

適切な製品を見つける
リソース

Flex ソフトウエア開発キット(SDK)

Radio Abstraction Interface Layer (RAIL)

Silicon Labs の Bluetooth Low Energy ソフトウェア

小売店のテクノロジー・リーダーたちによる、新型コロナウイルス (COVID-19) の影響やテクノロジーがどのようにスマートリテールの未来を推進するかについてのディスカッション。

スマート・リテール・テクノロジーで次に到来するものは?

スマートリテールの本当の意味

スマートリテールの新情報

概要
設計上の考慮事項
ブロック・ダイアグラム
適切な製品を見つける
リソース
閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software