• Matter
  • |
  • EFR32MG24 シリーズ 2 SoC

LEEDARSON、IoT 開発を簡素化するために Silicon Labs の MG24 ワイヤレス SoC と Matter を選択

|

LEEDARSON は、スマートホーム・デバイスの研究開発と製造に特化し、消費者が IoT の驚くべき可能性を体験するのに役立つソリューションを設計、構築、テスト、提供しています。スマートデバイスの世界を実現するために、ワイヤレス開発を容易にする新技術をサポートすることも、同社の使命の一つです。この理由から、LEEDARSON は Matter 規格の推進力としてやってきています。

同社は、Matter の導入および相互運用性を簡素化する能力に自信を持っており、Matter 規格を維持している Connectivity Standards Alliance、つまり CSA に深く関わってきました。LEEDARSON は、今夏に開催される Matter の仕様検証イベント(SVE)に参加する予定です。SVE は、メーカーが自社のデバイスでテストを実施し、Matter 認証を受けるためのフォーラムとなる予定です。

課題

最も人気のあるデバイスメーカーのワイヤレス IoT 接続の統合を支援し、Matter 規格を支持して消費者の採用を加速します。

ソリューション

EFR32MG24 シリーズ 2 マルチプロトコル SoC は、Matter 規格をサポートするように設計されており、集積回路で LEEDARSON に必要な性能、セキュリティ、メモリ要件を備えています。

その結果

MG24 に基づいたアプリケーションを開発をすることで、LEEDARSON とその顧客は相互運用性を活用し、単一アプリケーションがプロジェクト全体に拡張できるという確信を得ることができます。

エコシステム間の相互運用性で IoT のリーチを拡大する

LEEDARSON は、多くの大手テクノロジー企業を支える強力な企業として、さまざまなブランドにとって IoT 接続を統合することがいかに重要であるかを理解しています。LEEDARSON は、パートナー企業が生産効率を劇的に向上させ、製品化までの時間を短縮し、複数のスマートホーム・エコシステムで相互運用性への道を提供することで顧客基盤を拡大するお手伝いをします。IoT対応スマートデバイスに慣れてきた消費者が最後に考えたいことは、新しいスマート電球が音声アシスタントとシームレスに動作しない可能性があるということです。相互運用性はエンドユーザーにとって不可欠なメリットですが、エコシステム向けに設計されたデバイスに対して統一されたユーザ体験を創出するという機会も大きな付加価値となります。この統合により、エンドユーザーの学習曲線が短縮され、IoT 対応スマートデバイスの需要が増大します。

適切なワイヤレスSoC パートナーを選択する

LEEDARSON は、性能と信頼性を念頭に置きIC ベンダーの評価を開始しました。IC ベンダーは、Matter 規格の勢いを高めるという目標において、IC ベンダーの助けとなるでしょう。大容量のメモリとフラッシュ機能も、補足的な処理能力の必要性を排除するために必要でした。LEEDARSON は、これら 2 つの基準に加え、実績のある信頼性の高いソフトウェア開発キットで優れた技術サポートを提供できるパートナーも重視しました。そこで、LEEDARSON は Silicon Labs から新たにリリースされた EFR32MG24 ワイヤレス SoC に着目しました。

フラッシュ(最大 1536 kB)と RAM(最大 256 kB)の最適な組み合わせを特徴とする MG24 は、業界最先端の IoT セキュリティ・スイート、Secure Vault™ と低消費電力に重点を置いた Matter 規格向けに特別に設計されています。MG24 は、Thread などの 802.15.4 プロトコル向けに、市場で最高のリンク予算と最大 200 メートルのワイヤレス範囲を屋内で提供します。これにより、LEEDARSON は、ラジオの状態に関係なく、顧客のデバイスがどの家庭でも確実に接続されるようにすることができます。さらに、今日の IoT 製品の多くが低消費電力を必要としており、DC-DC はスモール・フォーム・ファクタでこれらの要求を満たすのに役立っています。LEEDARSON は Silicon Labs との業務経験があり、Security Kit Pro 製品ラインで、EFR32MG22 シリーズ 2 Zigbee SoC を使用しています。これは、プロフェッショナルな設置を必要とせずに堅牢な性能と認証を提供する、ユーザーフレンドリーで設置が簡単な IoT 製品です。

2022 年に期待されている Matter 規格の最初の仕様は、メーカー向けの簡素化された開発と消費者向けの簡単な製品選択を約束するものです。MG24 は、LEEDARSON のような企業に、小型 IoT 設計向けに並外れて統合された、高性能、低消費電力の SoC を提供します。RF 性能とシンプルな開発を組み合わせることで、事実上すべての業界のイノベーターは製品化までの時間を短縮し、設計の将来性を保証できます。

当社は、多くの Zigbee アプリケーションで Silicon Labs と協働してきましたが、現在では、同じ専門知識と信頼を Matter にもたらすお手伝いをしてくれています。このワイヤレスSoCを活用することで、照明、センサー、ゲートウェイ、ブリッジングなどのアプリケーション向けに、Matter対応のIoTデバイスを迅速に市場に投入することが可能になります。
Kellen Yang
Kellen Yang
LEEDARSON、セールスおよびマーケティング担当グローバル副社長

MG24 の詳細をご覧になり、Matter ソリューションをご確認ください。

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software