SLTB010A

MSRP$19.99

EFR32BG22 Thunderboard キット

Thunderboard BG22 は、スモール・フォーム・ファクタで、Bluetooth 接続をバッテリ駆動の IoT 製品に追加するために最適化された開発プラットフォームです。

MSRP$19.99

 

スモール・フォーム・ファクタ Thunderboard

  • EXP 互換性のあるブレークアウト

ターゲットデバイス

  • EFR32BG22
    • 高容量 IoT 製品用の安全な Bluetooth SoC 5.2
    • 512 kB フラッシュおよび 32 kB RAM 付きの 76.8 MHz、ARM Cortex-M33
    • 方向探知および LE コード化PHY に対応した Bluetooth 5.2 ラジオ
  • 38.4 MHz HFXO クリスタル
  • 32.768 KHz LFXO クリスタル
  • 2.4 GHz マッチング・ネットワークおよびチップ・アンテナ

オンボードボード・コントローラ

  • J-Link デバッガ
    • SWD 物理層
  • UART/ 非同期プロトコル上のパケット・トレース
  • ハードウェア・フロー・コントロールを使用したバーチャル COM

デバッグ接続用 USB Micro-B コネクタ

ユーザ・インターフェイスの機能:

  • 1x ボタン (EM2 ウェイクアップ付き)
  • 1x LED

データ・ストレージ / OTA サポート

  • 8 M ビット SPI フラッシュ

低消費電力機能

  • センサ用の制御可能および独立した電源ドメイン

Android および iOS 用のモバイル・アプリ

  • センサデータを表示し、LED を制御し、ボタンが押されたことを検出
  • iOS アプリを迅速に実装
  • Android アプリをネイティブ・コードで実装
  • ソース・コードは GitHub で入手可能

センサー

次へのアクセスができる Mini Simplicity デバッグコネクタ(SLSDA001A 互換性):

  • AEM
  • PTI
  • VCOM
  • SWD

Thunderboard BG22 キットの設定

要件

  • Thunderboard BG22 キット
  • コイン型電池または Micro-USB ケーブル(別売)

ステップ1:Thunderboard BG22 の箱を開ける

  1. Thunderboard EFR32BG22 を箱から取り出します。
  2. Thunderboard EFR32BG22 に電源を供給します:基板の底部にあるコイン型電池ホルダーに電池を入れるか、Micro-USB ケーブルを差し込んでください。

ステップ2:Thunderboard Mobile アプリを使用する

Silicon Labs や当社パートナーが提供する Thunderboard 用のアプリがいくつかあります。このガイドでは、Silicon Labs の公式アプリを使用します。

  1. Thunderboard モバイル・アプリをダウンロードする
  2. 携帯電話で Bluetooth を有効にする

アプリを起動して Thunderboard BG22 を検出します。

Thunderboard BG22 の [リセット] ボタンを押し、広告を再開します。

Thunderboard BG22 に接続後、アプリのダッシュボードに移動します。

ステップ 3:センサーを試す

Thunderboard BG22 が正常に接続されると、ボードの機能をテストする準備が整いました。

  • 動作を選択し、ボードを校正し、加速度計とジャイロスコープをテストします。
  • 「環境」を選択して、多数の環境センサーをテストします。
    • 湿度と温度:温度センサーを指でブローまたはカバーします
    • 光:基板を覆うか光を当てる
    • 磁場とドアの状態:ホール効果センサーの近くに磁石を移動させ、その効果を観察する
    • モーション:部屋や建物の反対側に基板を移動する
  • 「I/O」を選択して、ボタンと LED をテストします。
    • スイッチ:基板上の 2 つのプッシュボタンを押す    
    • ライト:基板上の小さな LED をオン/オフにします     


Thunderboard BG22 キットを使用して開発する

要件

  • Thunderboard BG22 キット
  • マイクロ USB ケーブル
  • Simplicity Studio
  • Bluetooth SDK

ステップ4:Simplicity Studio バージョン 5 のダウンロードとインストール

事前コンパイル型デモ、アプリケーション・ノート、およびサンプルにより、素早く立ち上げを実行します。エネルギー・プロファイリングを含む高度なツールを使用して、MCU アプリケーションを最適化します。ソフトウェア・パッケージを下から選択してください。

ステップ5:キットを差し込んで、Simplicity Studio を使って希望の SDK をインストールする

After plugging in your kit, launch Simplicity Studio and Open Package Manager in the left upper corner (downward arrow under the menu bar). 目的のスタックを選択し、ダウンロードします。パッケージ・マネージャーに定期的にアクセスして、更新の有無をチェックしてください。

  • Bluetooth SDK
  • Bluetooth メッシュ SDK
  • Flex SDK

ステップ6:クイック・スタート・ガイドを読む

クイック・スタート・ガイドをダウンロードして、開始方法の手順に従ってください。

  • QSG148:Silicon Labs の Bluetooth ® メッシュ照明デモを使ってみる
  • QSG168:独自規格の Flex SDK v3.x クイックスタート・ガイド
  • QSG169:Bluetooth SDK v3.x クイック・スタート・ガイド

 

閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software