高容量 Iot 製品用の安全な Bluetooth Soc5.2

Bluetooth® 低消費電力(LE)、Bluetooth メッシュ、およびサブ・メーター精度を持った方向性検出のための多様なシングルチップソリューション

Bluetooth デバイスの出荷数は、2023 年までに26 パーセントの増加(2019 年の 40 億から 54 億台へ)が予測されています。Silicon Labs は、大量、電池駆動 Bluetooth 製品を大量に必要とする固有の要件に対応する EFR32BG22(BG22)SoC を設計しました。超低送受信電力(0 dBm、2.6 mA RX で 3.6 mA TX)と高性能、低消費電力 M33 コア(27 µA/MHz アクティブ、1.2 µA スリープ)を備えた BG22 は、5 年以上にわたってコイン型電池寿命を延長することができる業界最高のエネルギー効率を提供します。

実地型仮想 Bluetooth ワークショップ:Thunderboard キットでセキュアな IoT デバイスを開発する

接続する:新しい EFR32BG22 を使って、より強力で、効率的、かつセキュアな IoT 製品を開発します。このインタラクティブなワークショップでは、実地型技術トレーニングと、自宅にいるのと同様の快適さのある1対1でのサポートが特長です。



BG22消費者、スマートホーム、商用および産業用 IoT 向けの デバイス

自動化

EFR32BG22C224 SoC は、IQ サンプリングと、RX感度を -106.7 dBm まで増加させることができる 125 kB および 500 kB Bluetooth LE コード付き PHY へのアクセスを提供します。SoCは、動作温度を+125 ºcに上げ、フラッシュメモリを最大512 kBまで拡張して、方向探知機能または低電力メッシュノードを必要とするアプリケーションをサポートします。

Connect

EFR32BG22C222 Socは、より多くのコンピューティング・パワー(76.8 MHz M33 コアを使用)、より多くの I/O(最大 26 GPIO)、およびより高い TX 電力(+6 dBm)を必要とするアプリケーションを対象としています。

検索

EFR32BG22C112 SoC は、外部スリープ水晶の必要性を排除することで、高容量、コストが考慮される資産トラッキングタグなどのアプリケーションを対象としています。これらの SoC は、1 Mbps と 2 Mbps の Bluetooth PHY 、 38.4 Mhz Arm® Cortex®-M33 コア、18 GPIO およびフラッシュメモリの 352 kB へのアクセスを提供します(0 dBm 送信(TX)と業界最高の -99 dBm 受信(RX)(1M PHY)感度の無線仕様)。

Bluetooth 製品の安全性を守る

Iot セキュリティ は、企業ブランド、エンドユーザーのプライバシーおよび商品の商業的実行可能性を守るために重要です。脆弱性は、遠隔のインターネット攻撃や物理的なハンズオンタイプの攻撃の両方から攻撃される可能性があります。

EFR32BG22 ポートフォリオ を含む、Silicon Labs のワイヤレス製品ポートフォリオを使用する開発者は、信頼の起点があるセキュアなブート、セキュア・ローダー、セキュア・デバッグなど、製品を保護するために設計された多くの技術にアクセスできます。

ビデオ

BG22 による Bluetooth 方向探知

幅広い屋内位置情報、ナビゲーション、アセットおよび人物追跡のアプリケーションを対象とした、当社の新しい方向検知ソリューションの詳細はこちらをご覧ください。このソリューションは、業界最高の当社のBluetooth SoC デバイスを使用して、Quuppa Intelligent Location System™ をBluetooth LE アセットタグと組み合わせています。

Silicon Labs の強み

専門知識

世界中で 10 億台以上のワイヤレスノードを展開してきた、20 年以上にわたる RF ソリューション提供の実績

セキュリティ

コネクテッド製品での消費者の信頼を勝ち取るために開発者を支援する、強化されたセキュリティ機能を提供

プラットフォーム

高度に統合されたデバイス、再利用可能なソフトウェア、高度な開発ツールによる簡素化された IoT 製品設計

閉じる
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software