アントワープ大学の教授が IoT を教室に導入

PDF

顧客のニーズ

  • エネルギー効率
  • 多様な用途
  • ワイヤレス通信

結果

  • 設計の柔軟性
  • 迅速な開発プロセス
  • 現実からの触発

Gecko を使って、学生に組み込み設計について教える

 

事例:

アントワープ大学のマールテン・ウェイン教授は、組み込み技術開発者たちが直面していた現実の課題に触発されて、それらの現実の課題のいくつかを学生たちに提示することを始めました。ウェイン教授は、学術と産業革新を組み合わせて、学生たちに現実の設計の問題を提示し、消費電力を踏まえて、センサー、アクチュエーター、および通信技術を使用する低電力 IoT のプロトタイプを作成させるという講義への取り組み方を考案しました。

 

ソリューション:

ウェイン教授は、学習しやすく使いやすい、優れた性能を発揮する MCU を見つけることから始めました。教授は、さまざまなプラットフォームを教室での使い道が多いかどうかという観点から評価しましたが、現実でも使用されているものが必要だとも理解していました。教授が選んだのは、MCU の EFM32 Gecko ファミリでした。そのため、彼のラボは Gecko アーキテクチャを中心に構築されています。その結果、企業と直接共同で仕事をする機会が生まれ、学生たちは教室での実施内容を現実への応用につなげるという観点を持つようになりました。

Gecko での学習曲線は、それまで取り組んできた他のものよりはるかに短縮されました。何よりも、既存の API を他のハードウェア・プラットフォームから Gecko に簡単に移植できました。
マールテン・ウェイン | アントワープ大学教授

メリット:

Gecko MCU には、強力なコア 1 つと革新的なスリープ・モードがいくつかあり、性能が低下することなく長続きします。広範な選択肢から周辺装置を選べることと、柔軟なエネルギー管理システムがあるため、ウェイン教授の学生たちが設計しているようなバッテリ駆動のアプリケーションに最適です。さらに、Gecko MCU が備える柔軟性により、学生たちは自分独自の開発ツールを自由に選んで、ユニークなものを作ることができます。

 

Gecko の基礎:

  • 低いアクティブ消費電力
  • 短い処理時間
  • 高速ウェイクアップ時間
  • 周辺装置の自律的な動作
  • 非常に低いスタンバイ電流
クローズ
ロードの結果
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software