スマートホーム

スマートアプライアンス

コネクテッド・スマートホーム体験の向上

概要


スマート家電とは?

人々は、ますます仕事と生活のバランスを意識し、時間を重視するようになっています。日常の家事ではなく、家族と過ごす時間や楽しいことをしたいと考えています。自宅での体験を向上させるだけでなく、環境保護、省エネ、コスト削減などの理由でスマート家電は、選ばれています。

 

「スマート家電は、HVAC と温水装置に次ぐ家庭で3番目に高い電力消費者です。」-- GreenLogic

 


スマート家電とは?

ユーザー入力、スケジューリング、人工知能、機械学習(AI/ML)を通じてリモート制御や自律操作を可能にするワイヤレス接続とセンサーにより、あらゆる家電がスマートになります。センサーとワイヤレス接続を組み合わせることで、エンドユーザーは家電の使用、温度、耐用年数、メンテナンススケジュール、動作の異常に関する情報を得ることができます。


スマート家電の仕組み

スマート家電により、ユーザーは家電の接続、制御、監視が可能になり、時間、エネルギー、コストを節約できます。例えば、個人のスケジュールに合わせて実行時間をスケジュールしたり、安価なオフピークのエネルギーを利用したり、太陽光発電を最大限に活用して時間、コスト、環境を節約することができます。さらに、家電をリモートで監視し、自宅を離れても安全のために電源がオフになっていることを確認できます。


スマート家電のメリット

スマート家電のメリットは、その主な目的と機能によって異なります。こちらが、すべてのデバイスメーカーが検討すべき機会をまとめたものです。

  • スマート機能、使用状況データの追跡などを通じて、競合他社を超えたユーザ体験とブランドロイヤルティを強化する
  • 環境とエネルギーの認識 – 水やエネルギーを節約する
  • エンドユーザーの仕事と生活のバランスを強化する - 家事を自動化
  • 安全性を通じて安心を提供 – 故障予測とメンテナンスのリマインダー


スマート家電向け Silicon Labs ソリューション

Silicon Labs はワイヤレス接続ソリューションのリーダーであり、スマート家電に最高の RF性能と電力効率を提供します。知的財産を偽造やサイバー脅威から守ることにおいては、当社のSecure Vault™が最先端の IoT セキュリティ対策を提供します。また、コミッショニングを容易にする動的マルチプロトコル機能を含む完全なプロトコルパッケージも提供しています。さらに、当社の Matter ソリューションと、トップクラスのスマートホーム・エコシステムとのシームレスな SDK 統合により、スマート家電を迅速に起動し、単一の在庫管理ユニット (SKU) を通じてより大きなユーザーベースに到達できます。

設計に関する考慮事項


スマート・ワイヤレス家電を設計する際に考慮すべきこと


ワイヤレスの信頼性を最大化するには?

住宅は、壁、反射、干渉、デッドスポットが原因となり、ワイヤレス機器にとって厳しい環境となっています。しかし、ユーザーのデバイスに対する第一印象は、多くの場合、その接続性の質に基づいています。Silicon Labs のワイヤレス SoC およびモジュールは、最大 +20 dBm TX電力(FEM なし)と非常に高い RX 感度を提供する BG21 Bluetooth Low Energy SoC などの優れた RF 性能で知られており、お客様のアプライアンスを確実に接続します。Wi-Fi 接続の場合、RS9116 Wi-Fi NCP モジュールは、マルチプロトコル・アプリケーション向けに優れた低消費電力シングルおよびデュアルバンド 802.11 a/b/g/n と Bluetooth の共存を提供します。


エネルギー効率を最適化するには?

電力効率は、電子駆動式および充電式デバイスのユーザ体験を向上させるために不可欠です。電動歯ブラシ、カミソリ、キッチン家電などの電池駆動式デバイスは、スマートフォン、タブレット、またはウェアラブルなど、近くにあるユーザ・インターフェイス間を接続する例として挙げられます。最もエネルギー効率の高い Bluetooth Low Energy (LE) 接続には、BG22 が最適です。業界最高の超低送信および受信電力と、高性能型 Cortex M33 を組み合わせ、電池駆動式家電の機能を強化しています。


電池駆動式家電にインテリジェンスを追加するには?

スマート家電の使いやすさ、機能、差別化のためにより高いレベルのインテリジェンスが必要な場合、人工知能と機械学習(AI/ML)機能が必要なエッジを提供できます。MG24 マルチプロトコル SoC は、AI/ML ハードウェア・アクセラレータを内蔵しており、エネルギー消費量の1/6 で最大 4 倍の速さで ML 推論をを可能にします。この内蔵機能により、電池駆動型家電により多くのインテリジェンスを詰め込むことができます。


サイバー脅威から家電を保護するには?

セキュリティは、接続された家電製品のユーザーにとって最大の懸念事項の 1 つです。その理由は簡単に理解できます。接続された洗濯機や冷蔵庫から、あなたの自宅に誰かが入ると考えることは恐ろしいものです。Silicon Labs の Secure Vault™は、世界で最も高度な IoT セキュリティ・ソリューションであり、最も高度なサイバー脅威から家電を保護し、ユーザーの信頼を得ることができます。


委託製造中の偽造の防止

米国税関によると、消費者向け電子機器は2020年に、5 番目に偽造された製品カテゴリで、押収された貨物の11% に偽造電子機器が含まれます。さらに、委託製造は偽造のリスクもはらんでいます。Silicon Labs は、カスタム部品製造サービス(CPMS)を唯一のベンダーとして提供し、お客様やお客様の委託製造業者の SoC にカスタマイズされたセキュリティ機能を提供し、アウトソースされた生産中の偽造からお客様の IP を保護します。


Matter およびスマートホーム・エコシステムへの進化

現在、Wi-FiBluetooth は、スマート家電の事実上のワイヤレス・プロトコルになっています。しかし、ほとんどのスマート家電、デバイス、アプリケーションは、Matter を介していくつかの一般的な IoT エコシステムに統合されています。Silicon Labs のワイヤレス・ソリューションを選択することで、Matter との互換性を確保し、Google Home、Amazon Alexa、Amazon Sidewalk、Apple HomeKit などの IoT エコシステムとのシームレスな統合を実現できます。

ブロック図
適切な製品を見つける
リソース

エネルギー効率の高い IoT デバイスに最適な低消費電力 Wi-Fi

進化する IoT 脅威に対応する業界トップのセキュリティ

スマートホーム・デバイス開発と Matter を統合する

2022 年およびそれ以降のスマートホーム・トレンド予測

スマートホーム:あらゆるエコシステムに対応

スマートホーム設計の未来

Matter - スマートホームのサイロから 1 つの統合ワイヤレス・エコシステムへ移行する方法

Omdia スマートホーム市場ダイナミクスレポート

スマートホーム・デバイス開発シリーズ

概要
設計上の考慮事項
ブロック・ダイアグラム
適切な製品を見つける
リソース
閉じる
ロードの結果
閉じる
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software